スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柔道部物語

2010年02月08日

judo.jpg柔道漫画の、というよりも部活漫画として最高峰の作品です。
三五十五(さんごじゅうご)という、今なら確実にDQNネームといわれてしまう主人公が、騙されて入った柔道部で次第にその才能を開花していく3年間を描いた作品です。笑いあり涙ありの非常に面白い漫画であると同時に、実は、あの『SLUM DUNK』に物凄い影響を与えた作品だと思います。何かのアンケートで井上先生も好きな作品として、この『柔道部物語』を挙げていたので間違いないでしょう。『SLUM DUNK』が、この漫画のバスケ版を目指していたと思われるほどに類似点が多くあります。

まずは、キャラクターの顔の書き方があります。部活漫画は、キャラの描き分けという点では非常に厳しい条件が揃っています。(同じような年齢で、同じような柔道着やユニフォームを着ているなど。)描き分けが上手くできないと『キャプテン翼』のように誰が誰だかわからなくなってしまうのですが、『柔道部物語』では思い切った顔(西野や樋口)にすることで描き分けられています。ほとんどのキャラが坊主なので、唯一の武器である髪型で変化をつけられなかったための苦肉の策かもしれませんが、主要キャラとは思えないほど思い切った顔(要はブサイク)で描かれています。主人公でさえあの眉毛ですから。しかしそのブサイクさが、キャラの描き分けだけでなく、世界感のリアルさを増している要因にもなっています。『SLUM DUNK』でも、イケメンが多い中、度々思い切った顔の人が登場し、そしてそれがリアルさを増しているというのは感じると思います。(余談ですが主人公が坊主になるというところも同じです。)

また『SLUM DUNK』の中で素晴らしいのは、試合中のプレイの瞬間をとらえた(でも躍動感のある)絵があると思います。これも『柔道部物語』で見られた表現です。三五が背負い投げにいく瞬間を描いた絵などは、本当に躍動感に溢れています。その瞬間の各選手の体勢や力の入り方などをしっかりと描くことによって、効果線などを使うよりもスピード感や躍動感を感じられる絵になっています。この表現は『SLUM DUNK』に限らず、以降のスポーツ漫画の表現に多大な影響を与えたと思います。

そして一番共通しているポイントは、部活としてのスポーツをリアルに描こうとしている点にあると思います。タイトルが表している通り、この漫画は「柔道部」のお話になっています。柔道の試合を描くことが本筋ではなく、学生時代の部活動というものを描こうとしています。初期の頃は部活の練習や人間関係が中心であり、試合はあくまでオマケ程度です。後半はさすがに試合中心になっていきますが、先輩たちの引退や西野と顧問の先生との関係など、部活であるという点は重要視しています。

盛り上がるはずの試合で、実にあっさりと負けることがあるという点も、部活動としてのリアルさが出ていると思います。どんなに努力をしても強豪校には勝てないという、現実では当たり前のことを、しっかりと漫画の世界に持ち込んでいます。だからこそ勝負の行方に手に汗を握るのです。『SLUM DUNK』でもその『柔道部物語』的リアリズムは徹底しており、桜木はすぐに名プレイヤーになるわけではなく、三井はすぐにスタミナが切れ、そして山王には勝てないのです。まあ実際は編集部の意向で勝ってしまいましたが、作者は勝つことを最後まで拒んだといいます。その次の試合で試合場面もなくあっさりと負ける演出が、作者が最後にかました『柔道部物語』的リアリズムの真骨頂だといえるのではないでしょうか。

ともあれ『SLUM DUNK』は関係なくても、部活漫画としては大傑作です。かつて運動部に所属したことがある人であれば、必ず共感できる場面があることでしょう。マイベストシーンは鷲尾の最後の試合です。映画『ROOKIES』で泣いた人がいたなら、このシーンを見て本当の部活ドラマというものを知って欲しいです。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://frogball.blog90.fc2.com/tb.php/402-fd6d2684
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。