スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義風堂々!! 直江兼続 -前田慶次月語り-

2008年11月14日

gifu.jpg

作者:武村勇治
原作:原哲夫・堀江伸彦
掲載誌:週刊コミックバンチ No.50号

あらすじ:
出羽国の無苦庵と呼ばれる庵に50歳を越えた前田慶次がひとり酒を飲んでいた。そこへ直江兼続が訪ねてくるが、ほとんど会話をしないまま帰っていった。慶次の従僕である吾助は関係を尋ねるが、慶次に一喝されてしまう。しかし、ひとりで月を相手に直江兼続について語り始めるのであった・・・。

感想:ネタバレ注意!
時代漫画というヤツです。週刊『北斗の拳』状態になっているバンチの新連載は、『花の慶次』の外伝漫画。上杉家の執政であった直江兼続の話です。慶次の友人だったいうことで、これから若き日の慶次も出てくるのでしょう。慶次という抜群のキャラとタメを張り、そして越えることができるのでしょうか。雲と名乗る当たりジュウザ的なキャラを目指しているのかもですが、それだと慶次とかぶらないかなあ。しかし、編集者が原作としてクレジットされちゃうとなんだか末期的な感じがしてしまう・・・。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://frogball.blog90.fc2.com/tb.php/40-642d3135
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。