スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花もて語れ

2010年01月27日

hanamote.jpg

作者:片山ユキオ
掲載誌:月刊スピリッツ 3月号

あらすじ:
佐倉ハナは、空想好きな7歳の少女であったが、両親が死んでしまいある地方に引っ越してきてから、他人と言葉を交わすことがほとんどない生活を送っていた。そんな中、クラスの学芸会が催されるのだが、ハナはナレーションを担当することになってしまう。そんなハナが、出会ったのは教育実習生でありながら、学校にこない青年であった。

感想:ネタバレ注意!
職業(?)漫画というヤツです。心を込めたナレーションは人の心を動かすということが描かれていますが、今後はどういった内容になっていくのかまったくわかりません。これはエピローグのようなもので、大人になったハナが描かれていくようです。声優とかになっているとかなのでしょうか。

絵柄:★★★
設定:★★
キャラ:★★
続き読みたい度:
人気予想:★★


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://frogball.blog90.fc2.com/tb.php/393-fa2fe3aa
    この記事へのトラックバック

    2010年9月のコミックス 気になるとこ オツムうだってるバージョン

    暑いですね。何をやるにもペースダウン。  最近の話題は行方不明の高齢者と増加する幼児虐待&育児放棄。戸籍制度って性善説に則ってたんで...




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。