スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水の森

2010年01月06日

mizu.jpg

作者:小林有吾
掲載誌:月刊少年マガジン 2月号

あらすじ:
中世のヨーロッパで活躍したジャンヌは、反逆の罪で火にかけられようとしていた。人間に絶望していたジャンヌは抵抗もせずに処刑されようとしていたが、選ばれし者であるジャンヌは、神により現代の日本へ転生される。現代の日本のある街で名所・千本桜が大火に包まれ、高校生の熱き男・陣内は、決死の覚悟で燃え盛る炎の中へ入ると、そこにいたのは、ジャンヌであった。

感想:ネタバレ注意!
ヒューマン漫画というヤツです。ジャンヌという神の子供を中心に、いろいろな人のエピソードが描かれていくようです。主人公であるジャンヌが暗いためか、すっきりとした読み心地ではありません。中世から転生する意味が今後出てくるのでしょうか。

絵柄:★★
設定:★★
キャラ:★★
続き読みたい度:
人気予想:


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://frogball.blog90.fc2.com/tb.php/371-40d1ce7d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。