スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四方世界の王

2009年10月26日

shihou.jpg

作者:雨音たかし
原作:定金伸治
掲載誌:月刊シリウス 12月号

あらすじ:
古代のメソポタミア文明の時代、都市国家バービルムの書記学生・ナムルは、今日も学校に遅刻してしまった。隣の席には今日から入学したという少女・シャズがいた。そのシャズが街中で不正な買い物をしたのを見てしまったナムルは、シャズについていく。すると先程の不正がバレて、商人連中に取り囲まれてしまうのであった。

感想:ネタバレ注意!
古代SF漫画というヤツです。舞台は古代となっていますが、ほとんどファンタジーの世界です。特殊な能力を持った人たちが活躍するお話みたいですが、主人公の男の子も、少女と同じような能力が使えるようになるのでしょうか。人それぞれ別々の能力という方が、漫画的には展開しやすくなるとは思います。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://frogball.blog90.fc2.com/tb.php/316-30cd533a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。