スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖変ニーベルングの指環

2009年10月15日

nibe.jpeg

作者:東直輝
原作:佐木飛朗斗
掲載誌:週刊少年チャンピオン No.46号

あらすじ:
神が天上から降りてきて、地上は巨人、地下はニーベルング人が支配する、人間の居場所がなくなってしまった未来。ひとりのジグルトという若者は、恐怖という感覚を知らないでいた。その恐怖を感じるために、一つ目の巨人に挑むのであった。圧倒的な力に翻弄されるジグルトであったが、背中に背負った魔剣を取り出し、再び戦いを挑むのだった。

感想:ネタバレ注意!
ファンタジーバトル漫画というヤツです。人間以外のいろいろな生物がいる世界という設定です。『ロード・オブ・ザ・リング』の影響下の基本的なファンタジーの世界で新鮮さはあまり感じませんが、巨人という設定(別冊マガジンでもあるが)は、なかなかいいと思います。巨人ブームが来るでしょうか。

絵柄:★★★
設定:★★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://frogball.blog90.fc2.com/tb.php/307-021f8fe3
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。