スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊達の鬼 軍師 片倉小十郎

2009年08月21日

date.jpg

作者:田中克樹
掲載誌:週刊コミックバンチ No.38号

あらすじ:
梵天丸(伊達政宗)の面倒見の役割であった片倉小十朗は、病を煩っていたとはいえ梵天丸の右目をえぐり出してしまった。そのことで牢に入れられ、ついに沙汰が下される日が来た。当主の伊達輝宗に対して、小十朗は自分の行為の正当性を臆面もなく語るのであった。

感想:ネタバレ注意!
時代漫画というヤツです。超有名な伊達政宗の腹心的な存在であった片倉小十朗が主人公です。一般にはあまり知られていない人物を主人公に持ってくるあたりは、なかなか良いと思います。実際にどういう人物だったかはさておき、この漫画ではなかなか魅力的に描かれています。これ、原作者がいないのですが、作者がそうとうの歴史マニアなのでしょうか。その辺りが薄っぺらくならなければ、人気も出ると思うのですがどうでしょう。

絵柄:★★★★
設定:★★★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★★★
人気予想:★★★★


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://frogball.blog90.fc2.com/tb.php/263-e7259245
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。