スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヴィングストン

2009年07月30日

rig.jpg

作者:片岡人生
原作:前川知大
掲載誌:モーニング No.35号

あらすじ:
ある男がマンションの一室で自殺をしようとしていた。そこに二人の男が突然訪ねてくる。人間には魂があって、その魂を救うことが二人の役目であるという。とにかく、この場所は魂にとって良くない所であり、その男自身の魂も汚れてしまっているという。そこで二人は魂の救済に乗り出すのであった。

感想:ネタバレ注意!
SFドラマ漫画というヤツです。魂の救済というのがテーマです。あくまで魂が重要であり、人の(肉体の)生死は問わないというのが新しいと思います。ただそうなると、魂が何なのかがあいまいで判りずらいものになってしまっているので、これからその説明をしていかなくてはいけないと思います。基本的には、大人版『死神くん』みたいな感じになっていくのでしょうか。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://frogball.blog90.fc2.com/tb.php/240-14de571c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。