スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風と雷

2009年07月30日

rig.jpg

作者:星野泰視
原作:樹林伸
掲載誌:モーニング No.35号

あらすじ:
豊臣秀吉が世の中を治めている時代に、一人の盗賊が世間を騒がしていた。その名は、石川五右衛門。神出鬼没で捕らえることのできない五右衛門は、太閤の前に現れることを匂わせて逃げてしまった。後日、大阪城で決起集会が行われたのだが、そこに猿の面をかぶった奇妙な男が紛れ込んでいた。

感想:ネタバレ注意!
時代漫画というヤツです。歌舞伎が原作の漫画化です。この作者は時代ものの題材は合っているのではないでしょうか。短期連載のようですが、長期にしても人気出そうな気がします。

絵柄:★★★
設定:★★★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★★★
人気予想:★★★★


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://frogball.blog90.fc2.com/tb.php/239-4dc13ee9
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。