スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畳の上のミクロ

2009年05月28日

mikuro.jpeg

作者:吉木まさかず
掲載誌:週刊少年チャンピオン No.26号

あらすじ:
三黒充雄は中学で柔道部に入ったのだが、とても弱く、3年間部活の後の居残り練習と称して、同級生の部員たちに投げ続けられていた。そんな三黒であったが、入部したての頃は1日100回1本取られていたのに、3年生の現在では10本に減っていた。投げられる本数を減らすことが、三黒の努力と成長の証なのであった。

感想:ネタバレ注意!
柔道漫画というヤツです。とても弱くて小さい少年が柔道を始め、どんどん強くなっていく(?)という、柔道漫画の王道展開になりそうです。なので新鮮な部分はあまり感じられないので、今後のドラマで勝負していくしかないでしょう。主人公や脇役の背景が重要となってくるのかもしれません。それにしても時代に逆行しているような新連載ばかりのチャンピオンは最高ですね。

絵柄:★★★
設定:★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://frogball.blog90.fc2.com/tb.php/195-d23d8a8b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。