スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日いづる国のジョカトーレ

2009年05月07日

tsubasa.jpg

作者:高橋陽一
掲載誌:週刊ヤングジャンプ No.23号

あらすじ:
イタリアのセリエCのレッジーアにいる日向小次郎のシーズンが始まっていた。セリエB昇格を目指し、ゴールラッシュを見せ、得点ランキングでもトップの成績をおさめていた。同じくイタリアで活躍する葵と赤井も上のランクを狙って活躍を見せていた。一方、ソフトボール女子のオリンピック候補に選ばれた赤嶺真紀は成績が上がらず悩んでいた。

感想:ネタバレ注意!
サッカー漫画というヤツです。国民的漫画の新シリーズの始まりです。W杯に出場できるほどになった今の日本サッカーの基盤を作ったのは「大空翼」だと、何の迷いもなく断言できる世代にとって、最近の『キャプ翼』は見ていて痛々しいです。日向小次郎が女子に携帯メールを送るなんて・・・。絵もヒドくなる一方だし、自分の素敵な思い出を汚さないで欲しいとまで思えてきます。まあ、作者が作り出したものですから外野が何もいえないのですがね。ともかく、これからも『キャプテン翼』で食っていくのであれば、若い作者に外伝などをまかせる『北斗の拳』方式でやっていって欲しいと強く思います。
(個人的な思い入れが強いため、いつもより力が入った内容になっております)

絵柄:
設定:★★
キャラ:★★
続き読みたい度:
人気予想:★★


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://frogball.blog90.fc2.com/tb.php/174-435898b8
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。