スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死刑囚の遺産

2009年05月01日

ill-2162[1]

作者:上農ヒロ昭
原作:龍樹丈
掲載誌:週刊漫画ゴラク No.2162号

あらすじ:
一匹狼の記者・加納慎悟は、死刑囚の男の取材を行うために刑務所へと面会にやってくる。その死刑囚は強盗殺人を犯したのだが、奪った金の行方がわからなくなっており、その情報を得るのが一番の目的であった。男はフィリピンパブの女性に全額渡したというが、加納はいまいち納得できない。そんな中、同じようにその金の行方を追っていたヤクザたちが加納に接触してくる。

感想:ネタバレ注意!
職業漫画というヤツです。ルポライターが主人公になっているので、おのずと裏の世界が出てくることになり、ネタとしては面白い話を展開しやすい設定です。記者ならではの、情報を聞き出すためのテクニックなども見せてくれたら、より設定が生きると思いますがどうでしょう。主人公のキャラが典型的過ぎるのがちょっと難点かもしれません。

絵柄:★★★
設定:★★★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://frogball.blog90.fc2.com/tb.php/167-28c835f1
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。