スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパー刑事

2009年04月25日

super.jpg

作者:渡辺みちお
原作:鍋島雅治
掲載誌:別冊漫画ゴラク No.610号

あらすじ:
機動捜査隊の仁王は、ぶっ壊し屋の異名を持つアウトロー刑事であった。防犯ビデオに映ったある強盗団を追う中で、強盗の一人の女を探し出す。そのとき、その強盗団が別の強盗をはたらいて人質をとって立てこもっているという連絡が入る。早速、現場へ直行し、一番先に現場へついた仁王は、すぐさま行動に移る・・・。

感想:ネタバレ注意!
刑事漫画というヤツです。21世紀に『スーパー刑事(デカ)』というタイトルの漫画が始まると誰が予想できたでしょうか。内容も、ホストがもてはやされる時代に真逆の方向へ突っ走っています。一昔前の北方謙三の世界がそこにはあります。銃器に詳しいあたりが、唯一現代っぽいところといえるかもしれません。こういう漫画をなくしてはいけませんよね。

絵柄:★★★
設定:★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://frogball.blog90.fc2.com/tb.php/160-87c99b57
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。