スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年リーダム ~友情・努力・勝利の詩~

2009年04月24日

readum.jpg

作者:次原隆二
掲載誌:コミックバンチ No.21・22号

あらすじ:
馳純平は、編集者として出版社に勤めることが決まった。書店研修を終えて、雑誌の配属先を言い渡される時が来た。しかし第一志望の雑誌には配属されず、一番卑下していた漫画雑誌の『少年リーダム』への配属が決まった。嫌々ながらも、早速編集部へ行くと、恐い顔をした編集長に迎え入れられるのであった。

感想:ネタバレ注意!
実録職業漫画というヤツです。『ジャンプ』黄金期の編集部の内幕漫画です。直撃世代としては、魅力ある題材であることは間違いないのですが、一歩引いてみると、感傷的なただの自慢話ということにもなりかねません。そうならないようがんばって欲しいものです。作者も気持ちが入っているのか、時間に余裕があったからなのか、いつもより線が丁寧な気がします。それにしても、なんで『リーダム』なんでしょうか。サンデー→ホリデー、マガジン→マグナムなら『ステップ』とかいろいろあったと思うのですが。取り立てて『リーダム』がいいとは思えませんしねえ。っていうか、ここまでやるのならもう実名でいいんじゃないだろうか。

絵柄:★★★★
設定:★★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★★★
人気予想:★★★


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://frogball.blog90.fc2.com/tb.php/158-84aa1ba3
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。