スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弑逆契約者ファウスツ

2008年10月15日

faust.jpg

作者:星野泰視
掲載誌:週刊少年マガジン No.46

あらすじ:
生まれつき体の弱い田宮六登は、入院生活の中で数学の勉強を極め、フィールズ賞の候補にもなる数学の天才。そんな彼が、ある病院へ転院することになった。病室が一緒になったのは、偶然にも去年のフィールズ賞候補で、同じように数学の天才といわれているヒロトだった。ヒロトも参加している、病院主催の「聖書の会」に誘われるのだが、神様を信じていない田宮は断り続ける。しかし「聖書の会」の目的がわかってくると・・・。

感想:ネタバレ注意!
数学ミステリーというヤツです。話の中に出てくる数学のお話などは面白いし、それに不老不死の謎、主人公の死などが絡んでくるのでしょう。数学を前面に出すという漫画はあまりなかったと思うし、数学の面白い部分を上手く取り入れることができたら、新しい漫画が生まれる気がします。「死」というものを数学的に解明していく展開になっていくのでしょうか。ともかくいろいろな伏線がハマっていけばかなりの傑作になる予感がしました。


絵柄:★★
設定:★★★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★★★
人気予想:★★★


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://frogball.blog90.fc2.com/tb.php/14-0460bd09
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。