スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

べるぜバブ

2009年02月23日

beruze.jpeg

作者:田村隆平
掲載誌:週刊少年ジャンプ No.13号

あらすじ:
悪魔と恐れられている高校生の男鹿は、今日も数人の他校生を打ち負かし平伏させていた。そこで、なぜか川から流れてきた赤ん坊を拾って、友人の家に来たのだった。男鹿の話にボー然とする友人であったが、その2人の目の前に今度は悪魔と名乗る女が現れる。女の話だと、その赤ん坊は将来の魔王だと言うのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
異世界コメディ漫画というヤツです。不良版『子連れ狼』という感じの設定ですが、不良という部分はあまり重くせず、それよりも悪魔の方のお話寄りにした方が、魅力的な主人公のキャラもより活かされるのではないかと思います。その辺りのさじ加減が作品の善し悪しを決めるのではないでしょうか。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://frogball.blog90.fc2.com/tb.php/115-67811735
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。