スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年4月

2009年04月30日

今月はなかなか揃っていたと思います。

1.アイアムアヒーロー(ビッグコミックスピリッツ)
    今後の展開が気になります。いろいろな意味でイタイお話になりそうな予感。

2.ドリフターズ(ヤングキングOURS)
    絵を見ているだけで楽しい。

3.少年リーダム ~友情・努力・勝利の詩~(コミックバンチ)
    元ジャンプっ子としては義務のようなものですから。

番外として『コミックブレイク』の創刊。
この出版不況といわれている状況での創刊は素晴らしいと思います。
がんばってください!

とりあえず、波乱万丈の「SMAP」。
マガジンで漫画化とかしたほうがいいんじゃないだろうか。
スポンサーサイト

ドリフターズ

2009年04月30日

magazine_1240999866[1]

作者:平野耕太
掲載誌:ヤングキングOURS 6月号

あらすじ:
関ヶ原の戦いにおいて敗軍となった島津藩であったが、その武将の一人・島津豊久は、殿を生かして逃がすために一人徳川軍と対峙する。圧倒的な数を前に一歩も引かない豊久は、逆に敵の頭を追い詰めるのであった。逃げる徳川郡を追っている豊久は、気付くと見知らぬ場所へ立っていた・・・。

感想:ネタバレ注意!
時代ファンタジー漫画(?)というヤツです。戦国時代のお話から一転、ラストは未知の空間に行ってしまいました。これからどういう展開になっていくのか全くわかりません。とりあえず、個性的で緻密な画を見ているだけで面白く、今後どういう展開になっても面白く読めそうな気がします。

絵柄:★★★★
設定:★★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★★★
人気予想:★★★★

ダン・ダ・バーバリアン

2009年04月30日

birz200906[1]

作者:井上三太
掲載誌:月刊コミックバーズ 6月号

あらすじ:
ある研究所でタイムマシーンの研究が行われており、動物実験には成功していた。最終実験として選ばれたのはもっとも低価値の人間であるという理由で、シブヤにいた男女5人であった。拉致されてタイムマシーンに乗せられた彼らは、3000年前の「シヴヤ」、原始時代の深いジャングルへとタイムスリップしてしまうのであった。

感想:ネタバレ注意!
タイムワープギャグ漫画(?)というヤツです。本当に何も考えていない男女5人がジャングルで生き抜けるかというのが主題になっていくのでしょうか。主人公であると思われるターザン風の男はどういう風に絡んでくるのでしょうか。わからないことばかりですが、男女5人のバカさ加減を見ているだけでもイラつきを通り越して楽しい気分になります。

絵柄:★★
設定:★★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★

嬢王Virgin

2009年04月28日

T0314636[1]

作者:紅林直
監修:倉科遼
掲載誌:ビジネスジャンプ No.11号

あらすじ:
不況にあえぐ六本木キャバクラ界を再生すべく、クラブ「Legend」の支配人・雨宮は新プロジェクトを発足させた。それは、平成生まれ限定の『嬢王 GP 2nd』であった。優勝賞金3億円を目指して全国の自信に満ちた女達が集結する。不況の影響で就職先が決まっていなかった高校を卒業したばかりの杏藤舞も、『嬢王 GP 2nd』に参加することを決意するのであった。

感想:ネタバレ注意!
職業漫画というヤツです。『嬢王』のフォーマットはそのままに、キャラを変えての続編です。基本はすでにあるので、あとはどんなキャラを出すかと、基本の流れからどれだけ面白くハズしていくかが勝負だと思います。しかし、平成生まれに限定されてしまうという世の中がもう既に来ているのですね。クラブ『平成』とかもうどこかにあるだろうし。

絵柄:★★★
設定:★★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

プレイキャッチ

2009年04月28日

playcatch.jpg

作者:渡辺保裕
監修:宮本英治
掲載誌:週刊漫画サンデー 5月12+19日号

あらすじ:
野球好きが集まる居酒屋『春』の店主である草野球春は野球通で知られていた。今日も草野球を見ながらする解説がズバズバと当たった。そんなある日、『春』での酔っ払い客と揉め事になってしまい、草野球で勝負をつけるということになってしまう。常連客を中心にメンバーを集めていくのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
(草)野球漫画というヤツです。野球は野球でも草野球に目をつけたのは良いと思います。いわゆるサラリーマン人情話に野球というガジェットをつけることで、試合の中で悩みが解決するとかいろいろな展開が可能です。『あぶさん』のサラリーマン編とでもいえるのだろうか。また野球まめ知識などの実用性もあり、何気にたくさんいるであろう草野球人口を取り込めたら人気も出ると思います。

絵柄:★★★
設定:★★★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★★

アイアムアヒーロー

2009年04月27日

hero.jpg

作者:花沢健吾
掲載誌:ビッグコミックスピリッツ Vol.22・23号

2009年マイベスト10作品

あらすじ:
あるマンションの一室に、一人の男が帰ってくる。時刻はすでに深夜。男はテレビを見ながら、妄想の人物たちとたくさんの会話を交わしていく。そして何かが来ると悟った男は、秘密の隠し場所から一丁のライフルを取り出すのであった。

感想:ネタバレ注意!
ヒーロー漫画(?)というヤツです。第1話だけでは主人公の名前すら明かされず、一室での一晩の出来事で何が起こるわけでもなく終わってしまいました。ただ、主人公の病み加減はヒシヒシと伝わってくるので、今後どのような展開になるのか楽しみではあります。部屋の中からテロリズムみたいなお話しになっていくのでしょうか。

絵柄:★★★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★★★★
人気予想:★★★★

スーパー刑事

2009年04月25日

super.jpg

作者:渡辺みちお
原作:鍋島雅治
掲載誌:別冊漫画ゴラク No.610号

あらすじ:
機動捜査隊の仁王は、ぶっ壊し屋の異名を持つアウトロー刑事であった。防犯ビデオに映ったある強盗団を追う中で、強盗の一人の女を探し出す。そのとき、その強盗団が別の強盗をはたらいて人質をとって立てこもっているという連絡が入る。早速、現場へ直行し、一番先に現場へついた仁王は、すぐさま行動に移る・・・。

感想:ネタバレ注意!
刑事漫画というヤツです。21世紀に『スーパー刑事(デカ)』というタイトルの漫画が始まると誰が予想できたでしょうか。内容も、ホストがもてはやされる時代に真逆の方向へ突っ走っています。一昔前の北方謙三の世界がそこにはあります。銃器に詳しいあたりが、唯一現代っぽいところといえるかもしれません。こういう漫画をなくしてはいけませんよね。

絵柄:★★★
設定:★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:

ちょいひめ

2009年04月25日

tyoi.jpg

作者:奥はるか
掲載誌:月刊少年シリウス 6月号

あらすじ:
念願の一人暮らしのための下宿が決まった男が、引っ越してみると、その部屋には鎖につながれたメイド服の女の子がいた。驚く男であったが、上の階の住人は当たり前のようにそのことを話すのだった。

感想:ネタバレ注意!
ショートギャグ漫画というヤツです。鎖に繋がれたメイド服のかわいい女の子が、座敷童として部屋に居ついているという設定です。ある種の人間にとっては、理想郷のごときアパートなのかもしれません。興味のない人間にしてみると、こんな設定の漫画が普通に始まってしまうことに、ちょっと戸惑いを感じるのであります。

絵柄:★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:
人気予想:★★

少年リーダム ~友情・努力・勝利の詩~

2009年04月24日

readum.jpg

作者:次原隆二
掲載誌:コミックバンチ No.21・22号

あらすじ:
馳純平は、編集者として出版社に勤めることが決まった。書店研修を終えて、雑誌の配属先を言い渡される時が来た。しかし第一志望の雑誌には配属されず、一番卑下していた漫画雑誌の『少年リーダム』への配属が決まった。嫌々ながらも、早速編集部へ行くと、恐い顔をした編集長に迎え入れられるのであった。

感想:ネタバレ注意!
実録職業漫画というヤツです。『ジャンプ』黄金期の編集部の内幕漫画です。直撃世代としては、魅力ある題材であることは間違いないのですが、一歩引いてみると、感傷的なただの自慢話ということにもなりかねません。そうならないようがんばって欲しいものです。作者も気持ちが入っているのか、時間に余裕があったからなのか、いつもより線が丁寧な気がします。それにしても、なんで『リーダム』なんでしょうか。サンデー→ホリデー、マガジン→マグナムなら『ステップ』とかいろいろあったと思うのですが。取り立てて『リーダム』がいいとは思えませんしねえ。っていうか、ここまでやるのならもう実名でいいんじゃないだろうか。

絵柄:★★★★
設定:★★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★★★
人気予想:★★★

スプライト

2009年04月24日

sprit.jpg

作者:石川優吾
掲載誌:ビッグコミックスペリオール No.10号

あらすじ:
高校生の時任好子は、引きこもりの幼なじみに毎日授業のノートを届けていた。そんな行為を無駄だという親友二人との登校途中、好子は黒い雪のようなものが降っているのを見る。しかし、他の人には見えていないようであった。学校が終わると、今度は40歳になっても引きこもっているおじさんに、食料を届けにいく好子であったが、大きな地震とともに異変が起こる。

感想:ネタバレ注意!
世紀末サバイバル漫画(?)というヤツです。日本が得体の知れない黒いものに呑まれてしまうという展開になっています。今後は、『漂流教室』や『ドラゴンヘッド』のようなサバイバル的な展開になっていくのでしょうか。キレまくっている友人のキャラが良いので、活躍すると面白くなるような気がします。この系統によくある、閉じない大風呂敷だけはないようにと願います。

絵柄:★★★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★★★
人気予想:★★★★

境界のRINNE

2009年04月22日

rinne.gif

作者:高橋留美子
掲載誌:週刊少年サンデー No.21・22号

あらすじ:
真宮桜は、幼い頃に奇妙な出来事に遭遇して以来、幽霊が見えるようになってしまった。そんな桜の高校のクラスの隣の席になった六道という男子は、入学以来一度も登校してきていなかった。しかしある日、変な格好をして登校してくるのだが、どうやらみんなには見えていないようであった。更には大きなチワワまでが一緒にいるのだが、果たして六道は幽霊なのであろうか・・・。

感想:ネタバレ注意!
ファンタジーコメディ漫画というヤツです。いわずと知れた巨匠の新連載です。設定は、成仏できない幽霊の成仏を助ける死神(?)と幽霊の見える女子校生のお話です。前作の『犬夜叉』のような雰囲気を持ちつつも、ホームグラウンドであるコメディ要素が多い作品となっております。今後、またシリアス路線になっていく可能性もある設定ではありますが。それにしても・・・はっきりいって、ありふれた設定で何のサプライズもないお話なのに、なんでこんなに面白く感じるのか。たぶん、読者の予想を少しだけ裏切る、その少しだけの部分のさじ加減が絶妙なんだと思います。そういう意味で、漫画界の桑田佳祐(デビュー年は一緒!)といってもいいのではないだろうか。まあ何にせよ、天才であることは間違いないです。

絵柄:★★
設定:★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★★★

ガキホス

2009年04月18日

gaki.jpg

作者:きたがわ翔
掲載誌:月刊ヤングキング 6月号

あらすじ:
ホストクラブの店長・響咲夜は売り上げを伸ばすためにも、才能あるホストを入れたいと思っているのだが、面接に来る男たちはどれもいまいちであった。そんな中、街で見かけたバカな男が偶然にも面接にやってくる。貧乏な大家族で育ったという白斗は、ボサボサの髪で全くホストに向いていないように見えたが、響の気まぐれで見習いホストとして働くこととなるのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
職業漫画というヤツです。ホスト業界を舞台にした漫画です。主人公の明るく元気なはっきり言えばウザいキャラを、上手く活かせるかどうかが大きなポイントになっていくと思います。とりあえず、きれいな絵のイケメン男子大放出ですので、女子には人気が出るかもしれません。残念ながらヤングキングを読んでる女子が多いとは思いませんが・・・。今後、大家族という設定はうまく活かされていくのでしょうか。ドラマ化を狙っているフシが、チラホラ見えるのですがねえ。

絵柄:★★★
設定:★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

全能のノア

2009年04月17日

noa.jpg

作者:小野洋一郎
掲載誌:コミックバンチ No.20号

あらすじ:
ある日、東京の上空から強烈な光が降り注いだ。そして、その光を受けた人間は過去の一切の記憶をなくしていた。それから2年後、記憶を失ったたくさんの人々は「KIDS」と呼ばれ、東京の地下都市に隔離されていた。その「KIDS」の一人、高校生のノアは、ひょんなことから警察からテロリストと呼ばれて追われている人間に、人質として捕われてしまうのであった。

感想:ネタバレ注意!
SFサスペンス漫画というヤツです。たくさんの人間の記憶がなくなってしまったという設定で、その記憶消失爆弾(?)を作ったのが主人公らしいという展開になっています。要するに、自分は何者?ということを中心に、過去の知られていない真相の追求と暴露という最近(といってももう古いが)流行のサスペンスの定型になっています。逆に言えば設定がそのためのものでしかなく、記憶をなくすことによるアイデンティティの崩壊とか、そういう部分で充分面白い漫画が描けると思うのですが、作者はそこには興味が無いようです。記憶がなくても何事も無かったかのようにみんな普通に生きてるし。どれだけのサプライズを仕掛けられるかが勝負だと思います。

絵柄:★★★
設定:★★★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★

ナイトメア・ゴー・ラウンド

2009年04月17日

night.jpg

作者:鈴見敦
掲載誌:ヤングガンガン No.9号

あらすじ:
結目高校二年生の新聞部員・ヒロカは犬猿の仲の長瀬との口論がもとで、街の外れにある十年以上前に閉鎖された廃遊園地に潜り込むことになってしまった。幼なじみの蓬を無理やり誘って潜入してみると、誰もいないはずのメリーゴーランドに明かりがつく。そこには大きな箱が置いてあり、二人が箱を開けた。気がつくと二人の前に奇妙な格好をした女の子と熊がいた・・・。

感想:ネタバレ注意!
ファンタジーバトル漫画というヤツです。人の夢の中に巣食う悪いヤツを、夢に入って退治するという設定です。まあ『エルム街の悪夢』シリーズです。というかそのまんまな映画があったような・・・。とにかく夢という舞台はそれは自由にかけるので、漫画向きです。むしろ自由だからこそ、その作者の絵や演出の力量が試されるわけで、そこにどれだけのオリジナリティや驚きを出せるかが勝負になると思います。第1話の夢ではまだまだトビ足りない気がします。遊園地である理由は今後活かされるのでしょうか。

絵柄:★★★
設定:★★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

真島、爆ぜる!!

2009年04月15日

break.jpg

作者:にわのまこと
掲載誌:コミックブレイク 創刊号

あらすじ:
雑誌編集者の久保田は、ネットで知る人ぞ知るという映像を見た。そこには、キングといわれている男と闘っている真島零がいた。行方不明になっていた真島の姿を見た久保田は、早速、陣内流柔術の道場へ向かうのだった。そこでは、三浦が一人稽古を行っているのであった。

感想:ネタバレ注意!
格闘漫画というヤツです。新装刊された雑誌にて連載が始まった『真島クンすっとばす!』の続編です。格闘技の技がリアル(マニアック)すぎて超メジャー雑誌のジャンプではキツかったのですが、このくらいの雑誌(失礼!)であれば作者の趣味を丸出しにできるので、面白いものができるのではないでしょうか。しかし、創刊号には昔のジャンプ漫画の続編が必須なんですね。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★















ちなみに他の漫画も一気にここで・・・

○『天獄の島』 作者:落合裕介
    罪人が流される島で繰り広げられる『バトルロワイアル』漫画。★★★★
○『いろこい』 作者:橋本還
    由井正雪と謎の女の道行き道中時代漫画。★★★
○『おさななじみ』 作者:大谷じろう
    漫才コンビの男と女のじらし恋愛漫画。★★
○『悔い改めよと叫ぶ声在り』 作者:神崎将臣
    新宿で探偵をしている男の裏家業漫画。★★★
○『僕のカノジョは18才』 作者:早野旬太郎
    30才と18才の年の差カップルのちょっとエロい恋愛漫画。★★★
○『つぼみ斬魔剣』 作者:神田ゆう
    処女じゃないと闘えないSF時代劇漫画。★★★★

創刊おめでとうございます!

第九征空騎兵師團

2009年04月15日

dai9.jpg

作者:藤崎了士
掲載誌:週刊少年マガジン No.20号

あらすじ:
中学生になった伊王野アカツキは、上級生に呼び出しをくらうのだが反対に全員を倒してしまう。アカツキはすべてのものが視覚認識できる「千機眼」と呼ばれる才能をもった少年であり、その才能のためにケンカも負けたことがなかった。そんなアカツキの暴走を止めるのはいつも、幼なじみの翼であった。頭が良すぎる翼は、昔からイジメの対象になり、それを守ってきたのがアカツキなのであった。ある日また絡まれる翼であったが、居残り授業中であったアカツキが現場に駆けつけると・・・。

感想:ネタバレ注意!
SF戦記漫画(?)というヤツです。タイトルや設定などからすると、今後は戦争が始まって、その戦争に主人公が巻き込まれていくという展開になると思うのですがどうでしょう。飛行機のパイロットにでもなるのでしょうか。翼は敵国の兵器のスペシャリストになって、戦う運命になるみたいな展開が王道か。そうなるとケンカが強いという設定は意味が無くなるなあ。翼の髪型(髪の描き方)は最近の漫画の流行のようですね。少年誌で戦争ものをやるのは難しいと思いますが、がんばって欲しいです。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

まんがの花道

2009年04月14日

manga.jpg

作者:金田たつお
原作:桜小路むつみ
掲載誌:週刊漫画サンデー 4月28日号

あらすじ:
漫画家を目指している日本一(ひもとはじめ)は、出版社に持ち込みをするために上京してきた。しかし、風で原稿を飛ばされ、たくさんの足跡がついてしまった。そんな漫画を一瞥して帰そうとする編集者であったが、アシスタントを捜している先生がいるということで、紹介するという。アシスタントなどやりたくなかった一であったが、一文無しのために受けざるを得ないのであった。

感想:ネタバレ注意!
実録(?)漫画家漫画というヤツです。古い!! 設定が昭和50年だからいいのかもしれないが、演出、絵柄、ストーリーとどれをとっても21世紀の新連載漫画とは思えないほど、何だか懐かしい気持ちで読んでしまいます。アシスタントにつく先生は、どう見ても本宮ひろ志であり、ということは作者の自伝的な内容になっていくのでしょうか。バンチでも内幕ものが始まるし、漫画家漫画ブームでもきてるのか。

絵柄:★★★
設定:★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★★★
人気予想:★★

魔境のシャナナ

2009年04月10日

syanana.jpg

作者:玉越博幸
原作:山本弘
掲載誌:コミックバンチ No.19号

あらすじ:
第二次世界大戦後のアマゾンのジャングル。調査団がジャガーに襲われ、逃げ延びたトミーは一人の女の子・シャナナと出会う。追いかけてきたジャガーを倒してしまうほど強いシャナナであるが、野生で育ったために、いわゆる世間の常識が通用しない女の子でもあった。そのシャナナの魅力に引き込まれつつも振り回されるトミーであった。

感想:ネタバレ注意!
冒険漫画というヤツです。女ターザンという古典的な設定が、逆に新鮮な気もします。原作者としては、もっとアクションと文明音痴ギャグを重視して、その中で自然な純粋さから滲むエロを出すというのが目的だったと思うのですが、エロの部分が大きくなりすぎているように思います。アクションシーンもあまり迫力が感じられず、結局は『BOYS BE...』になってしまっている気もしないでもありません。エロ以外のシーンが洗練されてくれば面白くなると思います。

絵柄:★★★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★★

うそつきパラドクス

2009年04月10日

uso.jpg

作者:きづきあきら+サトウナンキ
掲載誌:ヤングアニマル Vol.8号

あらすじ:
同じ会社に勤める栖祐と八日堂は、お互いに気持ちが引き合っている仲。八日堂の家に栖祐が泊まることになりいいところまでいくのだが、名古屋に彼がいるという理由で栖祐は八日堂とエッチをすることを拒むのであった。一線を越えない関係を望む栖祐に、しぶしぶ了承する八日堂であった。

感想:ネタバレ注意!
焦らし恋愛漫画というヤツです。兄弟誌で連載していた『時間外手当』の続きだそうです。ギリギリのところで一線を越えない「焦らし」がキモとなるのでしょう。しかし、焦らしの天才・桂正和のようなキレイな絵なら見応えもあるのですが、この絵だと別に・・・という気もしてしまいます。裸は見せちゃってるしなあ。一番気になったのはキャラの名前で、ヨーカドーとセイユウということは名古屋の彼というのは外人(ウォルマート)なのでしょうか。恋愛漫画に見立てた業界裏話なのかと深読みしてしまいました。

絵柄:★★
設定:★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:
人気予想:★★★

人生画力対決

2009年04月10日

garyoku.jpg

作者:西原理恵子
掲載誌:ビッグコミックスペリオール Vol.9号

あらすじ:
編集者が出すお題(例:ブラックジャック)を、作者としりあがり寿が記憶だけで描いていき、対決させていく。

感想:ネタバレ注意!
コラム漫画というヤツです。要は『ぶっすま』の1コーナーなんですが、絵のプロであるところの漫画家でやるというところがミソなのでしょう。漫画家のくせに絵が下手な人ということを見せしめにするわけで、ある意味問題作です。実際、福本伸行やら三田紀房を指名するそのガッツとセンスは、なかなか見応えがありそうです。が、企画倒れにならないかという方が心配になってしまいます。さくらももこあたりはやってくれそうですけどね。

絵柄:(企画に敬意を表して)
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★★★
人気予想:★★

DEFENSE DEVIL

2009年04月08日

defense.gif

作者:梁慶一(ヤン・ギョンイル)
原作:尹仁完(ユン・イナン)
掲載誌:週刊少年サンデー Vol.19号

あらすじ:
事故にあって死んでしまったトムは、地獄の入り口に立っていた。そこに現れたのは地獄の弁護士を名乗るくクカバラであった。死んでしまった者が本当に地獄に行くような人間なのかを、クカバラは今一度調べ直すのだという。地獄の死者である死神がトムを連れていってしまう前に、クカバラはトムの罪の真相を探るのであった。

感想:ネタバレ注意!
ファンタジーサスペンス漫画というヤツです。いわゆる「最後の審判」(厳密な意味は違うが)のときに、弁護士がいたらという設定です。それで罪と思われている行為の真相を暴いていくのですが・・・ということは、神様(もしくは悪魔)は全知全能ではないということになってしまっています。表象しか見れないのだから人間と同じレベルです。まあ、逆にそれが新鮮な気はしますけど。でも最後に生き返るというのは何だかなあ。少年誌だからしょうがないだろうけど。

絵柄:★★★★
設定:★★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★★

ボク膳!

2009年04月07日

bokuzen.jpg

作者:たけだみりこ
掲載誌:週刊漫画サンデー 4月21日号

あらすじ:
地球が壊滅した未来で生き残った家族たちは、必死で生きていた。何とか見つけたサバ缶と大事に育てた大根を使って豪華な食事を楽しむのであった。

感想:ネタバレ注意!
グルメ漫画というヤツです。いきなり地球滅亡しているという設定には度肝を抜かれました。貧乏料理を紹介していく漫画だと思うので、いい設定なのではないかと思うのですが、これって毎回設定が変わるような感じです。こういう実用漫画を見ていつも思うのは、漫画である必要があるのかという点です。写真とかで紹介する料理本の方がいいじゃんと感じたら負けです。そういった意味でも地球滅亡という設定はいいと思いますけどねえ。

絵柄:★★
設定:★★★★
キャラ:★★
続き読みたい度:
人気予想:★★

青の祓魔師(エクソシスト)

2009年04月04日

excosist.jpg

作者:加藤和恵
掲載誌:ジャンプスクエア 5月号

あらすじ:
修道院の家に生まれた双子の兄・燐はケンカばかりしていて、就職も決まっていないダメな兄であった。父親にも散々嫌みを言われた燐は、就職の面接に向かうことを決めるが、向かう途中で昨日のケンカ相手につかまってしまう。しかしその相手にはツノがあり、虫のようなものがまとわりついている悪魔のように、燐だけには見えるのだった。そして、ケンカの途中で衝撃的な事実を聞かされしまう・・・。

感想:ネタバレ注意!
ファンタジーバトル漫画というヤツです。『BLEACH』の死神を悪魔に変えたような設定です。刀で闘うのも一緒です。サタンの子供でありながら、悪魔と闘うという部分は『デビルマン』みたいです。ということは双子の弟が飛鳥なのでしょうか。とにかく要はオリジナルな部分があまり感じられない漫画です。エクソシストなのだから、刀で闘うとかじゃなくてもっとキリスト教的な闘い方があると思うのですが。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★

HOOPE!

2009年04月04日

hoope.jpg

作者:沢太家
掲載誌:月刊少年ライバル 5月号

あらすじ:
バスケの名門・栄光大付属高校のバスケ部の入部テストが始まった。中学時代に名を馳せた選手たちが同じチームとして登場するが、1人だけバスケ初心者のように下手クソな選手・那須比呂斗がいた。その比呂斗に足を引っ張られ、全員が不合格となってしまう。それでも一人諦めない比呂斗は、何度も入部願いにマネージャーの元を訪れるのだった。それを見ていた他の4人も、次第に顔つきが変わってくる。

感想:ネタバレ注意!
バスケ漫画というヤツです。他のいろいろな漫画からパクってきたような個性の強いキャラが5人揃って、バスケをやっていくのでしょう。キャラ重視の漫画です・・・というか設定としては新しい所は何もありませんので、キャラに頼った展開にならざるを得ないでしょう。変に新しさを出そうと無理な設定を強引にくっつける漫画が多い中で、どストレートな設定は個人的には好きですが。

絵柄:★★★
設定:
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

ばくめし!

2009年04月03日

bakumesi.gif

作者:土山しげる
掲載誌:週刊漫画ゴラク No.2158号

あらすじ:
競輪場のメシ屋で一人の男がメシを食っていた。そこにいた一人の男の子が、落ちたおでんを食べようとするのを止めた男は、自分のお金でおでんをおごってやる。男は、その子に腹一杯食わせたいと思ったのか、全財産をつぎこんで勝負に出る。その男こそ、実は出張料理人の大張半次郎であった。

感想:ネタバレ注意!
グルメ漫画というヤツです。第1回ではまだほんのキャラ紹介の序章でしかなく、実際にどういう漫画になっていくのか判断できません。『黄金伝説』みたいな貧乏料理のグルメ漫画になるんだと思うのですが。なんか久しぶりに主人公らしい主人公でホッとしちゃいましたよ。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

神話ポンチ

2009年04月03日

ponchi.jpg

作者:桂明日香
掲載誌:ヤングガンガン No.8号

あらすじ:
狭い家に一家5人で住んでいるのがイヤになった梯守は、一人暮らしをしようと物件を探していた。梯守は、楽しいことを期待するだけ無駄という卑屈な性格であり、そんな自分が大好きだった。不動産屋で隣にいた女のコの持っていた像を触ると、その像は消えてしまった。そこに現れたアテナという女によれば、邪悪の神が梯守の中に宿ってしまったという。そして負の感情が邪悪の神を育て梯守は死んでしまうというのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
ファンタジーコメディ漫画というヤツです。卑屈であることに誇りを持っているというのが主人公です。主人公は明るくて元気という法則は遠い過去のモノとなってしまったようですね。主人公が幸せを感じられるように周りが応援していくという、『ドラえもん』的展開になるのでしょう。今後ギリシャの神々がニューキャラとして順次登場してくると思うのですがどうでしょう。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

怨み屋本舗 〜REBOOT〜

2009年04月01日

urami.jpg

作者:栗原正尚
掲載誌:ビジネスジャンプ No.9号

あらすじ:
街中で突然通り魔に襲われた女性は、命は取り留めたものの半身不随となってしまった。一方、加害者の方は何も反省はなく、むしろ刑務所暮らしをしたがために犯罪をするようなおばさんであった。そんな状況にいても立ってもいられない被害者の女性は、お金で怨みを晴らしてくれるという「怨み屋本舗」に依頼をするのであった。

感想:ネタバレ注意!
裏家業漫画というヤツです。新連載とは言いがたいですが・・・。しかしこんな漫画を書いていると、イヤな事件や馬鹿な人間を見る度に、こりゃあいいネタだとほくそ笑むような人間になってしまいそうですね。作者自身が怨みの対象になってしまうかもしれません。現実にもこのような職業は、もうあるんだろうなあ。

絵柄:★★★
設定:★★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★★



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。