スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年2月

2009年02月28日

月ごとに、その月に始まった漫画で取り上げたものの中から、自分なりに面白くなりそうな漫画のTOP3を発表していこうと思います。

1.ウロボロス(週刊コミックバンチ)
    ベタな設定ですが、面白くやれる要素は詰まっていると思うのですが。

2.機巧童子ULTIMO(ジャンプスクエア)
    イマイチ感は拭えないのですが、これからの期待も込めて。

3.ジョギリ屋ジョーがやって来る(週刊少年チャンピオン)
    まだまだ荒い部分ばかりですが、その少年誌らしからぬ暗さに。

いやー里中とサチ子が結婚しましたね。そりゃあ歳を取るはずだ。あのサチ子がねえ。
最近の『ドカベン』はあまり見ていませんが、山田にも浮いた話は出てるんですか?
私の中ではドカベンは未だに童貞ですよ。間違いなく。
水島先生、山田太郎もよろしくお願いします!
スポンサーサイト

フロッグマン

2009年02月27日

frog.jpg

作者:ナイロン
掲載誌:ヤングアニマル No.5号

あらすじ:
ミチルはカナヅチなのに水泳部に入部した。理由はハルカがいるから。ビート板を使って必死に25mを泳ぐミチルであったが、その横でハルカはとても楽しそうに泳いでいるのであった。コーチもそのハルカの才能に惚れ込んでいるのであった。

感想:ネタバレ注意!
恋愛スポーツ漫画というヤツです。水泳部といっているのですが、この回を見るかぎりはミチルとハルカの二人だけ!そしてもう一人、女のコーチがいるだけで他に人たちは一切(背景としても)出てきません。男の子の妄想の具現化にしても、これだけ徹底して他人が出ないのはどうだろうか。これからどうなるかはさておき、この病的な排他感覚は、すでにホラー漫画のジャンルに入っていると思います。

絵柄:★★★
設定:★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★★★★(ホントに他人が出てこないのか気になる)
人気予想:★★

ハイブリッドさふぁり

2009年02月26日

safari.jpg

作者:幸崎えん
掲載誌:月刊少年シリウス 4月号

あらすじ:
熊本県にある日突然隕石が落下した。3年後、その隕石の影響で、周辺一帯の生物たちは異常な変化を遂げていた。隕石災害対策部の壱希下祐誠は、仕事のためヘリで変化した人間たちが住む町へ行く途中、凶暴化した変化動物に襲われ墜落してしまう。そこで、惟緒というこれまた変化した人間に出会うのであった。

感想:ネタバレ注意!
ファンタジーコメディ漫画というヤツです。得体の知れない隕石の影響で生物が変化したという設定は、今後どんな展開になっても隕石のせいにできてしまうのでなかなか都合の良い設定だと思います。動物の耳と尻尾のついた女の子に科学的(?)根拠を与えるためとも言えなくもないが。

絵柄:★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★

BENGO!

2009年02月25日

bengo.jpg

作者:きたがわ翔
掲載誌:SUPER JUMP No.6号

あらすじ:
若林航大は弁護士なのだが、人が良すぎるためなのか毎回うまく弁護することができず、裁判で負け続けていた。次の仕事も到底勝ち目のない裁判依頼であったため、航大に仕事が回ってくる。どんな仕事でも真面目に取り組む航大は、早速依頼主の元へ訪問するが、そこで会ったのは小学校時代に友達だった弁悟であった。

感想:ネタバレ注意!
裁判漫画というヤツです。裁判員制度に向けて各雑誌が裁判漫画を始めていますが、国から助成金でも出るんですかね?要領よく立ち振る舞う男と真面目一直線の男という何回となく題材とされてきたパターンですが、これをどう裁判員制度と繋げていくのでしょうか。

絵柄:★★★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

足利アナーキー

2009年02月24日

ASHIKAGA.jpeg

作者:吉沢潤一
掲載誌:ヤングチャンピオン No.6号

あらすじ:
足利市に住んでいるハルキは、地元のヤクザからスカウトが来るほどに強いという噂の男であった。今日も夜中に街を歩いていると、不良たちがカラんでくるのであったが、あっという間にすべてを倒してしまう強さなのであった。

感想:ネタバレ注意!
不良漫画というヤツです。不良漫画のトップ・ブランド(←自分でいうところが素晴らしい)チャンピオンにて始まった足利のヤンキーのお話です。お決まりのケンカのシーンを『バキ』風に描いているのが、ありそうでなかったかもしれません。タイトルにもなっているし、足利という土地柄を強力に前面に出す構成にする方が、オリジナリティが出てよいと思います。東京が近くて遠い街という感じが出せるともっと良いのですが、それは難しいかもしれません。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★

べるぜバブ

2009年02月23日

beruze.jpeg

作者:田村隆平
掲載誌:週刊少年ジャンプ No.13号

あらすじ:
悪魔と恐れられている高校生の男鹿は、今日も数人の他校生を打ち負かし平伏させていた。そこで、なぜか川から流れてきた赤ん坊を拾って、友人の家に来たのだった。男鹿の話にボー然とする友人であったが、その2人の目の前に今度は悪魔と名乗る女が現れる。女の話だと、その赤ん坊は将来の魔王だと言うのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
異世界コメディ漫画というヤツです。不良版『子連れ狼』という感じの設定ですが、不良という部分はあまり重くせず、それよりも悪魔の方のお話寄りにした方が、魅力的な主人公のキャラもより活かされるのではないかと思います。その辺りのさじ加減が作品の善し悪しを決めるのではないでしょうか。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

ウロボロス

2009年02月20日

uro.jpg

作者:神崎裕也
掲載誌:週刊コミックバンチ No.13号

あらすじ:
15年前、ある殺人事件の犯人を目撃した少年2人であったが、担当刑事にその証言をもみ消されてしまう。その後、自分たちの力で犯人への復讐を誓った2人は、1人は刑事に、もう1人は極道の道へと進んでいた。ある日、ビルからの飛び降り自殺が起きたのだが、極道である竜哉の情報から殺人事件とわかると、刑事であるイクオは独自に捜査を始める。

感想:ネタバレ注意!
犯罪サスペンス漫画というヤツです。刑事(表)と極道(裏)の道から犯人を追い詰めていくという、『サンクチュアリ』の刑事版です。というか、同じような設定の作品を過去に見た気もしますが。毎回小事件を解決しつつ、目的である犯人探しが進んでいくという感じになるのでしょう。設定としては多いに盛り上がれる要素を持っていると思います。犯人も予想範囲である警察内部や政治家とかじゃないのを期待します。ドラマ化を狙っているのも垣間見える気もしますがどうでしょう。

絵柄:★★★★
設定:★★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★★★
人気予想:★★★★

誰も知らない~子不語~

2009年02月19日

daremo.jpg

作者:夏達
掲載誌:ウルトラジャンプ 3月号

あらすじ:
ゆうは、古い建築の研究家である両親に連れられて、中国の田舎の街へと引っ越してきた。その街はかつて養蚕業で栄えていたが、今ではすっかりと廃れていた。留守番を頼まれたゆうであったが、散歩に出かけてしまう。そこで、老婆に出会うのであった。

感想:ネタバレ注意!
中国漫画というヤツです。なんだか蚕に非常に共感していく少女の話です。今後の展開など全く予想できないという意味では斬新です。が、蚕について興味がある人って少ないよなあ。文化の違いなのか・・・。

絵柄:★★
設定:
キャラ:★★
続き読みたい度:
人気予想:

学園兵器ミツマル

2009年02月19日

mitumaru.jpg

作者:橋本エイジ
掲載誌:月刊ヤングキング 4月号

あらすじ:
中学時代パシリだった柿崎ショーイは、高校デビューを果たすべく金髪にして気合いを入れ、不良たちの巣窟・最京高校へ入学した。教室に入ると早くも入り乱れてのケンカが始まっていた。その中に端から見ている背の小さい男・ミツマルもいた。一番強いヤツを決めるべく河原でのバトルロワイアルとなり、ビビりまくるショーイであった。

感想:ネタバレ注意!
不良コメディ漫画というヤツです。実は弱いヤツが頭になるという、早い話『カメレオン』みたいな展開になっていくのでしょうか。主人公(?)であるミツマルの素性も気になる所ですが、宇宙人とかいうことはないよなあ。タイトルからするとアンドロイドか何かか。まあちょっと変わった設定にしないと、オリジナリティが出ないと思います。

絵柄:★★★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★

放課後探偵倶楽部

2009年02月19日

mitumaru.jpg

作者:石川マサキ
掲載誌:月刊ヤングキング 4月号

あらすじ:
杏里率いる3人の女子校生は、学園内の揉め事を調査する探偵を名乗っていた。今日も一人の女子校生が、盗撮などをするストーカーの正体を探って欲しいという依頼が舞い込む。張り切って調査する三人は何とか犯人を見つけたのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
学園コメディ漫画というヤツです。設定はよくあるベタなものですが、主人公のキャラがよいのと上手な絵によって面白く読めます。あと2人のキャラがもっと出てくればより面白くなるのではないでしょうか。更に言えば、この上手な絵で、もう少しエロを入れた方が読者の食いつきも良くなると思います。

絵柄:★★★★★
設定:★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★

なんじゃもんじゃ

2009年02月19日

nanja.jpg

作者:伊藤静
掲載誌:モーニング No.12号

あらすじ:
小さな島になる大きな木の下で、一人の赤子が泣いているのを通りかかったおじいさんが見つけた。15年後ー立派に成長した太朗であったが、育ての親のおじいさんも既に亡くなっており、お金がないために高校進学をあきらめていた。そんな中、望遠鏡で空を見ているとき、大きな木に女の人が登っているのが見えた・・・。

感想:ネタバレ注意!
冒険奇談漫画というヤツです。全体的にほんわかした雰囲気が漂っていますが、話の内容は衣服だけ残して人が蒸発するという結構恐ろしいものです。今後、人が小さくなってしまう原因が明かされていくのでしょうか。お母さんの件も追求していくことになりそうですしね。何事もなかったかのように、小さい人との日常を描いていくというのもアリなんじゃないかと思いますが。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★

いぬ五

2009年02月13日

inufive.jpg

作者:そにしけんじ
掲載誌:週刊コミックバンチ No.12号

あらすじ:
部長の家にかわいい5匹の犬が生まれた。部下である綱島に犬をあげるというのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
動物漫画というヤツです。特にストーリーはなく犬のかわいさで引っ張っていく漫画です。最近この手のネット漫画のようなヤツが商業誌でも増えている気がします。いいんですが、本当の犬や猫のかわいさには負けるよなあ。

絵柄:★★
設定:★★
キャラ:
続き読みたい度:
人気予想:

ブラッディ・クロス

2009年02月12日

bloddy.jpg

作者:米山シヲ
掲載誌:月刊少年ガンガン 3月号

あらすじ:
吸血鬼と天使の混血である月宮は、その呪いを解くための情報を手に入れようと、手がかりを知る魔族たちを手にかけ、その血に含まれる情報を吸っていた。そこに全く同じ状況にある日向が現れ、お互いの情報を共有して、共闘していくとことを提案するのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
異世界バトル漫画というヤツです。月宮と日向の二人がケンカをしながらも共闘していき、最後には・・・的な王道展開にしていくのでしょうか。きれいな絵ではあるのですが遠近感がないので、バトルシーンがとにかく見づらく、ジーッとしばらく見ていないとコマの中で何が起こっているのかわからない。この点は修正しないと、読者も見てくれなくなってしまうのではないでしょうか。

絵柄:★★
設定:★★★
キャラ:★★
続き読みたい度:
人気予想:★★

やおよろっ!

2009年02月10日

yao.gif

作者:なつみん
掲載誌:週刊少年サンデー No.11号

あらすじ:
身の回りにある様々なものが女の子だったら・・・。CDプレイヤー(女の子)はリピート再生で疲れてしまう。電話(女の子)は内気なので呼び出し音が小さくて聞こえない・・・。

感想:ネタバレ注意!
美少女擬人化漫画というヤツです。身の回りのものが女の子だったらという、まあいってみればチュートリアルがやっているようなネタを、そのまま漫画にしましたって感じです。モノの数だけネタはあるのでネタには困らない分、オチやキャラなどをもっと練って欲しいと思います。

絵柄:★★
設定:★★★
キャラ:★★
続き読みたい度:
人気予想:★★

四稲家の人々

2009年02月06日

shiina.jpg

作者:志賀伯
掲載誌:月刊少年マガジン 3月号

あらすじ:
東大合格を目指して猛勉強中の高校生・四稲春彦はある夜、自分の部屋の押入れに、美少女・卯月と彼女の部下の忍者軍団がみっしり棲みついていることに気付く。 「月の里」からやってきたという卯月は、春彦を自分の主人であるというが、春彦には全く心当たりがなかった。しかも、他の部下忍者たちは守るに値する主人であるかをはかる試練を与えるのであった。

感想:ネタバレ注意!
忍者ギャグ漫画というヤツです。忍者という時代遅れキャラがギャグになるのは、もう古典といっても良いと思いますが、この漫画で一番笑えるのが、結局下ネタというのはいかがなものでしょうか。忍者という設定いらないし。これから、忍者と暮らすという設定でのギャグで盛り上げていただきたいと思います。

絵柄:
設定:★★
キャラ:★★
続き読みたい度:
人気予想:★★

極☆漫 極道漫画道

2009年02月06日

gokuman.jpg

作者:横山了一
掲載誌:月刊少年チャンピオン 3月号

あらすじ:
超武闘派一門・鬼ヶ島組組長・鬼ヶ島香は、イカツイ顔でどこから見ても立派なヤクザである。しかし組員の誰一人として知らない秘密があった。実は、少女マンガ家に憧れ漫画を描き続けているのだ。今日も秘密の部屋で密かに投稿漫画を描く組長であった。

感想:ネタバレ注意!
極道ギャグ漫画というヤツです。イカツイ顔だけど少女の心というパターンはよくあるので、そのギャップだけのギャグではキツイかもしれません。組同士の抗争の激化や編集者のキャラ、漫画への熱い思いなどの要素をギャグにしていった方が良いと思いますがどうでしょう。

絵柄:
設定:★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★

人間失格

2009年02月06日

sikaku.jpg

作者:古屋兎丸
原案:太宰治
掲載誌:週刊コミックバンチ No.11号

あらすじ:
漫画家である古屋兎丸が、次の作品のネタを探そうとネットを見ていると、『人間失格』というサイトに目が止まる。それは大庭葉蔵という男の日記であった。17歳の葉蔵はクラスの人気者であるが、それらの顔はすべて本当の自分ではなく、仮面であることを自分ではっきりと感じながら生活している男であった。

感想:ネタバレ注意!
小説原作漫画というヤツです。といってもあくまで原案なのであって、舞台を現在に置き換えたほとんど別の作品になっています。物語はどうでもよくて、大事なのは主人公の気分を伝えることだと思うので、絵も含めた演出が出来を大きく左右することになるのではないでしょうか。そういった意味では、なかなか頑張っていると思います。が、いかんせん暗い主人公で(最近の漫画はこんな主人公が多すぎ)気が滅入りますなあ。

絵柄:★★★
設定:★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★

ジョギリ屋ジョーがやって来る

2009年02月05日

jagiri.jpeg

作者:フクイタクミ
掲載誌:週刊少年チャンピオン No.10号

あらすじ:
ある街で一人の少女が、不良たちに襲われそうになっている所に一人の男が現れる。その男が指示した瞬間、不良の一人の首が飛ぶ。次々と不良どもを真っ二つにしていくのは、その男と契約したジョギリ屋ジョーという悪魔のような存在であった。その後も次々と悪党どもを粛正して、街は平和を取り戻すのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
必殺仕事人漫画というヤツです。主人公はジョーという悪魔のような存在で、その人と契約した人が起こすドラマが描かれていく作品です。悪人だろうがどんな人でも契約を交わせば、命令に従って殺してくれるというのがクールですが、契約により自分自身も傷つけられるというところがミソになっています。まあ、強大な力は自己犠牲を伴うということをそのままに描いているともいえます。それにしても少年誌とは思えない暗さです。少年よ、トラウマを抱け!

絵柄:★★
設定:★★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★

機巧童子ULTIMO

2009年02月04日

ultimo.jpg

作者:武井宏之
原作:スタン・リー
掲載誌:ジャンプスクエア 3月号

あらすじ:
昔の日本で山賊として生きている大和たちは、ある日豪華な荷車をひいたダンスタンという外国人をターゲットにする。空けるなというダンスタンの忠告も聞かず、山賊たちは荷として積まれていた2つの大きな箱のふたを開けてしまう。中にはそれぞれ1体ずつの精巧な人形が入っていたが、ダンスタンが声をかけると、返事をして生きているように動き出すのであった・・・。

感想:ネタバレ注意!
ロボットヒーロー漫画というヤツです。アメコミ界の巨匠のスタン・リーが原作であり、作者の師匠が泣いて羨ましがってるのではないかと思われます。「善」と「悪」というヒーロー漫画の長年のテーマを正面切って描くようですが、簡単なテーマではないだけにちょっと不安です。アメコミであればリアルな感じになったであろう人形が、萌え顔をしているのが日本的な部分なのでしょう。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★★

Odds GP!

2009年02月03日

odds_20090203154213.jpg

作者:石渡治
掲載誌:漫画アクション 4号

あらすじ:
養成所を出たばかりのルーキー・辻堂麟太郎は函館競輪場へやってきた。麟太郎は、病院に入院している父親の入院費を稼ぐために、すべてのレースで勝たなければならないと思っている。しかし最初のレースでいきなり麟太郎の師匠に恨みを持つ選手と争うことになるのであった。

感想:ネタバレ注意!
競輪漫画というヤツです。競輪の知識も教えてくれる内容になっているので、競輪を知らない人でも楽しめます。競輪を知らない自分のような人間は、どんどん前に行っちゃえばいいじゃんとか思ってしまうが、その辺りもきちんと教えてくれそうです。競輪独特の胡散臭さ(スミマセン。。。)が活かされればただのスポーツ漫画とは違うモノが生まれると思います。

絵柄:★★★
設定:★★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。