スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年1月

2009年01月31日

月ごとに、その月に始まった漫画で取り上げたものの中から、自分なりに面白くなりそうな漫画のTOP3を発表していこうと思います。

1.関の弥太ッぺ(イブニング)
    わかっているけど、号泣必至。ナイスな企画だと思います。

2.射雕英雄伝 EAGLET(月刊少年シリウス)
    原作が漫画向きで面白そうなので。

3.TOKYO BARDO(ヤングガンガン)
    2話目にして失速感がなくもないが、これからに期待。
スポンサーサイト

いつわりびと空

2009年01月28日

utsuho.gif

作者:飯沼ゆうき
掲載誌:週刊少年サンデー No.9号

あらすじ:
孤児であった天邪狐空は、6人の大人たちと孤児たちの集まった孤児ノ里で育った。空は過去につらい思いをしたために嘘ばかりついているので、いつも長に怒られたばかりいた。ある日、強盗でもあり詐欺師でもあるという偽り人と呼ばれる男たちが里の資源を奪おうと里に入ってくる。

感想:ネタバレ注意!
異世界冒険漫画というヤツです。主人公が嘘つきであるというのが重要な設定のようですが、要はストーリー上のドンデン返しを補助するためのミスリード装置という気もしないではありません。セリフ(しかも嘘だからなんでもあり)だけで読者をミスリードするというのは、安易な気もしますがわかりやすいという点ではいいと思います。いい嘘を使ったいいドラマを作れるかどうかが人気のポイントかもしれません。

絵柄:★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

クローズ外伝 リンダリンダ

2009年01月27日

linda.jpeg

作者:ゆうはじめ
監修:高橋ヒロシ
掲載誌:ヤングチャンピオン No.4号

あらすじ:
1980年代。笠泉中の林田恵、通称リンダマンは強いという噂だけが飛び交い一種の都市伝説と化していた。実際のリンダマンは、祖父の入院先に毎日のようにお見舞いに行っているような日々であった。一方、笠泉中は応華中の生徒から流行のテレビゲームをカツアゲしていた。

感想:ネタバレ注意!
不良漫画というヤツです。『クローズ』の影の主人公リンダマンの物語です。舞台をはっきりと1980年代としているのは、クローズワールド的にはOKなんでしょうか。リンダマンは脇役として光るタイプなので、主人公になったらどうなんでしょう。あんまりしゃべらないし基本暗いし、ちょっとキツいんじゃないでしょうか。それにしてもチャンピオンはまだまだ『クローズ』で儲けるんでしょうね。もう尻の毛まで抜かれた感もありますが・・・。

絵柄:★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

射雕英雄伝 EAGLET

2009年01月26日

eaglet.jpg

作者:白井三二朗
原作:金庸
掲載誌:月刊少年シリウス 3月号

あらすじ:
時は蒙古・金・南宋が入り乱れる戦乱の時代。戦乱の中で英雄として死んでいった父親に憧れて、武芸を学んでいる郭靖は、黄蓉という一人の少女と出会う。郭靖は父親と違って武芸が全くダメだったのだが、黄蓉のお世辞に乗せられて、ある村の用心棒をかって出てしまう。黄蓉に真実を突きつけられて落ち込む郭靖であったが、その村に敵が近づいていたのであった。

感想:ネタバレ注意!
中国小説漫画というヤツです。中国では知らない人はいないという金庸の小説『射雕英雄伝』の漫画化です。ドラマ版を見る限りかなりの荒唐無稽のお話なので、漫画には向いているのではないでしょうか。村へと引き返す下りの矛のリレーなどは盛り上がりましたし、演出面もよいです。他にも強烈なキャラがたくさんいるので、面白い漫画になると思うのですがどうでしょう。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★

砂漠の獅子

2009年01月23日

sabaku.gif

作者:かたやままこと
原作:中里融司
掲載誌:ヤングアニマル No.3号

あらすじ:
1942年。第二次世界大戦中のヨーロッパでは、ドイツ軍とイギリス軍がまさに対峙しようとしていた。戦車の性能に自信のあるドイツ軍が優勢に戦闘を進めていたが、イギリス軍にも新たに配備された高性能の戦車が登場し、戦況は一変するのであった。

感想:ネタバレ注意!
戦争漫画というヤツです。主役は戦車です。人間達も出てきますが、脇役に過ぎません。製作者のやりたいことは戦車を描くこと、戦車の戦闘を描くことのみと思えるほど戦車への情熱がほとばしっています。戦争って人間性を失わせた上での集団戦だから、キャラ重視が基本の漫画には向かないかもしれません。戦争漫画って意外と少ないですしね。ミリタリー好きにはお勧めの漫画です。

絵柄:★★★
設定:★★
キャラ:
続き読みたい度:
人気予想:★★

まだ、生きてる・・・ ②

2009年01月21日

mada.jpg

作者:本宮ひろ志
掲載誌:ビジネスジャンプ No.4号

あらすじ:
派遣社員の岡田正夫は、将来が不安という理由で彼女に出て行かれてしまい、更には不況によって働き場所がなくなってしまった。何にも無くなった正夫が、ふと昔のアルバムを見ると笑顔の絶えない幼少の頃の自分が写っていた。一番幸せだったともいえるこの時期を支えてくれたのは、実は嫌っていた父親であることに気付く・・・。

感想:ネタバレ注意!
巨匠漫画というヤツです。『まだ、生きてる・・・』の続編となっており、父親を捨てた息子が主人公になっています。なので、嫌っていた父親と実はそう変わらない自分といったあたりがポイントになっていきそうです。また同じように、サバイバル生活が始まるのでしょうか。それとも違った展開で生き抜いていく様が描かれていくのでしょうか。何にせよ巨匠の政府への怒りがつまった内容になることは間違いなさそうです。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★

裁判員の女神

2009年01月20日

saiban.jpg

作者:かわすみひろし
原作:毛利甚八
掲載誌:週刊漫画サンデー 2/3号

あらすじ:
エリート裁判員である弱冠26歳の勇樹美知子は、東京から海鳴市へとやってきた。自然に囲まれた都市での新しい生活にワクワクしていた。海沿いを歩いていると、釣りをしている少年と出会い、ひょんなことから手伝うことになってしまう。そうこうしているうちに、大事な約束の時間に遅れていることに気付く美知子であった。

感想:ネタバレ注意!
裁判漫画というヤツです。裁判員制度が始まるのにあわせて始まった漫画ですが、これからしばらく裁判漫画の新連載が多くなるのでしょうか。裁判員制度の導入で日本の裁判が崩壊するというセリフもあったので、その辺の問題がリアルに描かれていくのであれば、注目は集まると思います。

絵柄:★★
設定:★★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★

イケイケ!花のまりあ組

2009年01月16日

maria.gif

作者:あだちつよし
掲載誌:週刊漫画ゴラク No.2147号

あらすじ:
ある大きな家に関東のヤクザたちが集結していた。そこに皇まりあ組長率いる関東麻利亜組もやってくる。実はこの麻利亜組と牛松組とのいざこざを解決するための話し合いの為の会合であった。お互いの言い分を聞いた会長は決着(ケジメ)場での解決を提案するのだった。

感想:ネタバレ注意!
極道漫画というヤツです。女組長が主人公の漫画です。女ですが色気や機転で交わしていくのではなく、木刀一本で戦って勝っていくというのが、意外と少ないパターンではないでしょうか。組員のキャラしだいで人気も変化すると思います。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★

TOKYO BARDO

2009年01月16日

brodo.jpg

作者:麻生我等
原作:俵喜都
掲載誌:ヤングガンガン No.03号

あらすじ:
東京のとある地下下水道内で都市伝説の一つとして囁かれる旧日本軍の地下道を探す若者7人がいた。しかし、彼等は其処で邪神(ガミ)の封印を解く男達と遭遇してしまう。口封じに殺されそうになった7人の前に現れたのは、金剛五鈷杵を持った女封魔師だった。

感想:ネタバレ注意!
ダークスリラー漫画というヤツです。あまり説明もなくどんどん進んで行くのですが、グイグイと読ませていきます。封印された邪神とは?それを解く男達は?それを邪魔する女は?街の女子高生は何?と???ばかりですが、見せ方が上手なので置いてけぼりにされません。この?が解明されていくであろう今後が楽しみです。それにしてもまた刀バトルです。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★★★
人気予想:★★★★

新 サラリーマン金太郎

2009年01月15日

kin.jpg

作者:本宮ひろ志
掲載誌:週刊ヤングジャンプ No.7号

あらすじ:
世界的金融恐慌の影響でアラブで大失敗をしてしまった矢島金太郎は、責任を感じつつ日本へと帰国した。子供たちはすくすくと真っすぐに育っており、妻も変わることなく突然帰ってきた金太郎を暖かく迎え入れる。家が一番という金太郎であったが、胸の内では燻り続けるものがあるのだった。

感想:ネタバレ注意!
巨匠漫画というヤツです。巨匠のライフワークとなりつつある『サラリーマン金太郎』の続編です。これから、世の中に対して巨匠の鬱憤が溜まってくると連載が始まるというパターンになりそうですね。その怒りが良いテンションになって漫画を面白くしているのは確かです。金太郎が世界の経済を建て直していくのでしょうか。とりあえずオバマは出てきそうだな。それにしても、この黒い顔を見た時は、フィリピンで天然バナバを探す人の活躍が描かれる漫画が始まるのかと思いましたよ。

絵柄:★★
設定:★★★
キャラ:★★★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

おしとね天繕 隔世編

2009年01月14日

osi.jpg

作者:山口譲司
掲載誌:SUPER JUMP No.3号

あらすじ:
江戸時代。海岸で子供たちが珍しいウミガメを見つけ騒いでいた。その騒ぎに気付いたサヨリは、よくウミガメを見てみると、それは浜辺に打ち上げられた男のイチモツであった。かすかに息はあるので、とりあえず自分の家に連れて帰ったのであったが・・・。

感想:ネタバレ注意!
時代漫画というヤツです。『おしとね天繕』の隔世編ということで、主人公の天繕が別の時代(でも江戸時代)へタイムスリップしたところから始まります。キャラは良いので、環境を変えれば新鮮さが出ると踏んだのでしょうか。エラい位置から庶民へのシフトが、面白ポイントになっていくのではないかと思います。エロを交えて。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

関の弥太ッぺ

2009年01月13日

yata.jpg

作者:小林まこと
原作:長谷川伸
掲載誌:イブニング No.3号

あらすじ:
ある田舎道を一人の男が走っていた。男は常州生まれの関本の弥太郎、人呼んで「関の弥太っぺ」であった。人を捜しているのだったが、百姓に聞いても見かけていないという。仕方なくまた探すために道を急いだ。しばらく経つとその探していた人物が百姓たちの前に現れたのだが、弥太郎よりも誠実に見えるその人にアドバイスをするのであった。

感想:ネタバレ注意!
時代漫画というヤツです。有名な映画が原作になっています。元々いいキャラであったのですが、作者の絵と表情などでよりいい感じになっています。どうやら12回で終了のようですが、今後も『瞼の母』とかをやっていくのでしょうか。キャラだけを使って別物語でも続けていけると思うのですが。この感じで描いていくのなら、最後は泣けるんだろうなあ。

絵柄:★★★★
設定:★★★
キャラ:★★★★★
続き読みたい度:★★★★
人気予想:★★★

BAMBOO BLADE B

2009年01月10日

bambo.jpg

作者:土塚理弘&スタジオねこ
掲載誌:月刊少年ガンガン 2月号

あらすじ:
中学校に入学した大城戸ユウは、12歳にして高校生と間違えられるほど大きな体をしていた。その体格からたくさんの部から誘いを受けるが、ユウは実は運動音痴なので文化部に入ろうと思っている。唯一やっているスポーツは、1歳下のケンの稽古相手になっている剣道であったのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
剣道漫画というヤツです。ヤングガンガンに連載中の『BAMBOO BLADE』の外伝です。もちろん本編を見ていないので、どういった繋がりがあるのかわかりませんが、高校と中学なので大きな繋がりはないように思えます。今後、剣道が強くなっていく展開になるんでしょうか。ユウの友達も剣道の道に進むと思うのですがどうでしょう。

絵柄:★★★
設定:★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

カラット∞原石ガール

2009年01月09日

karato.jpg

作者:森尾正博
掲載誌:ヤングアニマル No.02号

あらすじ:
韋駄天商店街で行われる韋駄天祭は、たくさんの人を呼び寄せるため商店街は活気に満ちていた。当初は1丁目と2丁目で交互に開催されていたが、韋駄天祭で行われるリレーに勝った方が開催するという方式に変わってから1丁目は負け続け、活気がなくなっていた。今年は絶対に勝つためにコーチを雇うが、お金で選手を雇う2丁目に対しての勝算は薄かった。そこに、ひとりの少女がコーチの目にとまる。

感想:ネタバレ注意!
スポーツ漫画というヤツです。あんまり上手とはいえない絵ですが、スピード感がすごくある絵なので題材にはあっていると思います。元気いっぱいの女の子がこれからアスリートとして成長していく漫画になるのでしょうか。陸上に限らずいろいろなスポーツに挑戦していく展開もありかと思います。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

釣り船 御前丸

2009年01月09日

turi.jpg

作者:江口賢一
掲載誌:週刊漫画TIMES 1/16号

あらすじ:
釣り船・御前丸は頑固でイカツイ顔の親父とかわいい顔をした一人娘の海奈で営業していた。ある日、お得意さんの上原が婚約者の女性を連れて釣り船に乗った。文句ばかり言う婚約者に上原は困り果て、海奈も文句を言ってやろうとするが、親父に止められる。

感想:ネタバレ注意!
専門職漫画というヤツです。釣り船を利用するお客の悲喜こもごもの人情話が展開されます。テレビでよくやっている釣り船で食べられる男料理の紹介もあります。『釣りバカ日誌』ミーツ『美味しんぼ』といえなくもないか。海奈の恋愛とか親父の過去とか長期連載にも耐えられそうなのですがね。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

チャイナガール

2009年01月09日

china.jpg

作者:青山景
シナリオ:花形怜
掲載誌:ビッグコミックスペリオール No.3号

あらすじ:
イケメンで仕事もバリバリできて優しい男・上条は会社の部下や合コン相手の女の子に好かれているモテ男。しかし、中途半端な気持ちではなく運命の女性といえる人と付き合いたいと考えている上条は、女性の好意に答えずにいた。そんな中、家の近くの中華料理店で働く中国人の女性・シャンランに恋をしてしまうのであった。

感想:ネタバレ注意!
ラブコメ漫画というヤツです。モテ男だから自分からのアプローチの仕方をしらないというところがポイントでしょうか。中国人女性という設定はけっこうあるので、そんなに新鮮味は感じられません。キャラ的には中華料理店のオヤジさんが活躍するようになれば面白くなると思いました。

絵柄:★★★★
設定:★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

ドカバン社長

2009年01月09日

doka.gif

作者:神保あつし
掲載誌:週刊漫画ゴラク No.2146号

あらすじ:
会社の社長である伴努加夫は略してドカバン社長と呼ばれている。その社長が繰り広げるギャグまんが。

感想:ネタバレ注意!
四コマ漫画というヤツです。社長という設定をもっと活かしたネタが増えればいいと思います。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★
人気予想:

ンダスゲマイネ。

2009年01月08日

nda.jpg

作者:楠木あると
掲載誌:モーニング No.6号

あらすじ:
ある居酒屋で二人の男が酒を飲みかわしていた。その一人男こそ太宰治であり、二人の話は自殺未遂の話になる。自殺は良くないという男に、自殺は人間の特権だという太宰。そして、自分の自殺未遂の顛末を語り始める。

感想:ネタバレ注意!
実録人物伝漫画というヤツです。4回も自殺未遂した太宰治の伝記です。自殺が流行っている昨今、その人生も共感が得られると踏んだのでしょうか。しかし、この漫画の太宰は脳天気すぎて自殺をするような人物には思えないのが難点です。まあ実際そういう人物だったのかもしれませんが。それでも、死のうと思い詰めた中で、心中相手の様相を見て急に我に返るという、その人間のギャップが面白いのではないでしょうか。

絵柄:★★★
設定:★★
キャラ:★★
続き読みたい度:
人気予想:

はじめてのあく

2009年01月07日

aku.gif

作者:藤木俊
掲載誌:週刊少年サンデー No.6号

あらすじ:
ある朝キョウコが起きると、全身縛られた上に変なマスクの男がドリルを片手にキョウコの体を改造しようとしていた。その男は、キョウコのいとこであり、正義の味方に壊滅させられた悪の組織の家系に生まれた阿久野ジローであった。ジローの興味は人体改造で、キョウコの父親もすでに改造済みであった。腕っ節の強いキョウコの肉体に惚れ、なんとか改造しようと学校まで追ってくるのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
ヒーローギャグ漫画というヤツです。すっかりお笑いの対象になってしまった古き良き悪の組織ですが、ここでも笑いの種になっています。主人公がいろいろと改造できる腕前を持っているところが、今後広がりを持たせられる設定かと思います。正義の味方の方も出てくるのでしょうが、そのキャラ次第で面白さの大部分が決まる気もします。戦闘員キャラ(いじられ役)も出すべき。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

Dの魔王

2009年01月05日

d.jpg

作者:霜月かよ子
原作:柳広司
掲載誌:ビッグコミックスピリッツ No.6・7号

あらすじ:
陸軍の中に「D機関」と呼ばれるスパイ養成機関が存在した。不本意ながらもそこに配属されることになった佐久間は「D機関」へ配属になる。そこは凄腕のスパイといわれている魔王こと結城中将を筆頭に、スパイを育てるという「D機関」の特殊なルールと変わった人たちばかりで戸惑う佐久間であった。そんなある日、得意のポーカーゲームに誘われるのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
原作ミステリー漫画というヤツです。スパイということで、一筋縄ではいかないキャラたちが出てくるので漫画向きかと思います。もちろん原作は未読ですが・・・。ポーカーするにも、イカサマや周りの人も含めてすべての状況が対戦の対象となるという理論は見ていてゾクゾクしました。この理論を発展させていくような展開になると面白いと思います。しかし、絵柄のせいなのか昔の陸軍という設定に何も意味が感じられません。スパイだけなら漫画っぽく異世界にしてしまってもよいし、陸軍にするなら重厚な感じが欲しいところです。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。