スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ

2009年11月16日

seven.jpg

作者:麻生周一
掲載誌:週刊少年ジャンプ No.51号

あらすじ:
お笑い芸人を夢見ている彼方はオーディションを受けるが、お笑い芸人としてではなくアイドルとして芸能界にデビューすることとなった。そのイケメンなルックスで女性からも人気がうなぎ登りであったのだが、本人はその見た目と正反対に汚れ芸人になりたがっていた。ある日、有名スポンサーのCMの話がくるのだが、とうとう彼方が正体を現していくのであった。

感想:ネタバレ注意!
芸能界ギャグ漫画というヤツです。見た目と性格のギャップがポイントになっているギャグ漫画です。ギャップが大事になる以上、もっと絵が上手にならないとだと思います。漫画内でも突っ込んでいましたが、これで終わり的な感じも有り、更に連載を続けていくには、他の強烈なキャラが必要でしょう。まあ、オカマキャラは必須ではないでしょうか。

絵柄:★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:
人気予想:★★
スポンサーサイト

ねこわっぱ!

2009年11月10日

nekowa.jpg

作者:松本直也
掲載誌:週刊少年ジャンプ No.50号

あらすじ:
猫を祭っている神社に人間の赤ちゃんが捨てられていた。そこに現れた猫の神様は、天上界でこの子を育てることを決意する。数年後、成長したその子・たまは、神様になるために人間の願いを叶えるという修行にのために人間界に戻ってきたのだった。早速知り合った二人の男の子が、誘拐されるトラブルに巻き込まれてしまった。

感想:ネタバレ注意!
日常ファンタジー漫画というヤツです。見た目はかわいい小ちゃい女の子が、すごい能力の持ち主というところがポイントになっていますが、要は『Dr.スランプ』のアラレちゃんとあまり変わりません。神様であるという部分をもっと強調するような展開になればオリジナリティも出るかもしれません。最近、ネコ関連の作品が異常に多い気がしますが、ネコ産業が伸びているのでしょうか。

絵柄:★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

賢い犬リリエンタール

2009年09月14日

ririen.jpg

作者:葦原大介
掲載誌:週刊少年ジャンプ No.42号

あらすじ:
空手をやっている日野てつことその兄は、両親が久しぶりに帰ってくるということで空港に迎えにいく。しかし、結局戻れないことがわかりガッカリする二人であったが、あるモノを渡される。それはしゃべる犬であった。しかも、どこかの機関がそれを探しているといういわくつきの犬であったが、何も知らない二人は犬と一緒に家路につくのだった。

感想:ネタバレ注意!
ファンタジーコメディ漫画というヤツです。不思議な生物がきて、非日常的なことが起こっていくという『ドラえもん』から連綿と続く王道の設定です。この犬の能力が重要なポイントになると思いますが、今の所はっきりとはわかりません。ただ、このイメージの飛躍はなかなか見応えがあると思います。あとは絵が追いついてくれば・・・。犬のキャラも良いです。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★★

保健室の死神

2009年09月07日

hoken.jpg

作者:藍本松
掲載誌:週刊少年ジャンプ No.41号

あらすじ:
アシタバの通う中学校では、保険の先生が産休になったため新しい保険の先生である派出須先生が赴任してきた。しかし派出須先生の不気味な雰囲気のせいで、生徒たちは保健室に寄り付かなくなってしまう。そんな時、怪我をしてしまったアシタバが保健室へ行くと、口から変なモノが出ている別の生徒を治してしまう場面を見てしまう・・・。

感想:ネタバレ注意!
学園ホラー漫画というヤツです。人間に取り憑いた悪霊(?)を追い払う先生という設定です。『地獄先生ぬ〜べ〜』+α(容姿的には『バオー』)という感じでしょうか。主人公のキャラの主人公らしくない暗い感じが良いので、シリアスなバトル路線よりも、そのキャラを活かしたコメディタッチの方に重きを置いた方が人気が出るのではないでしょうか。

絵柄:★★★
設定:★★★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★

わっしょい!わじマニア

2009年07月18日

waji.jpg

作者:わじまさとし
掲載誌:週刊少年ジャンプ No.34号

あらすじ:
無人島に流れ着いた男は、魔法のランプを発見したので、ランプの精に助けてもらおうとするのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
不条理ショートギャグ漫画というヤツです。ジャンプの「新連載時に表紙にならない枠」の新連載です。ギャグはなかなかですが、絵が重要なギャグもあるのでもう少し上手に描いた方がいいのではないでしょうか。まあ上手にというのは酷ですので、わかりやすくするためにコマを大きくした方がいいと思います。

絵柄:
設定:★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

鍵人 -カギジン-

2009年07月13日

kagi.jpg

作者:田中靖規
掲載誌:週刊少年ジャンプ No.33号

あらすじ:
文明が滅びてしまった未来の地球では、特殊な鍵を使うことで特殊な能力を使う鍵人と呼ばれる者たちがいた。政府軍のチルダはその鍵人の一人を共に、お尋ね者を捜しに砂漠のまっただ中へとやってくる。そこで遭難してしまったのだが、サルベージをやっているツバメという男に助けられる。実はその男こそが目的のお尋ね者だった。

感想:ネタバレ注意!
SFバトル漫画というヤツです。文明の滅びた世界で文明人の遺跡のサルベージをやっているという『未来少年コナン』みたいな世界になっています。鍵のくだりは『東京残酷警察』からのいただきでしょうか。まあそれらが上手いことハマっていて、広がりも持てそうな、なかなかよくできた設定だと思います。でも武器が剣(またか!)なのは、流行に迎合し過ぎな感もあります。キャラがもうちょっと立てば、人気漫画になるかもしれません。

絵柄:★★★
設定:★★★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★★

あねどきっ

2009年07月06日

anedoki.jpeg

作者:河下水希
掲載誌:週刊少年ジャンプ No.32号

あらすじ:
落合洸太は父親と二人暮らしの中学生。ある夏の暑い日、高校生らしき制服を着たお姉さんに食べていたアイスを分けてあげたのだが、そのお姉さん・なつきは、恩を返すといって洸太の家まで押し掛けてくる。そして、ちょうど長い出張に出かけた父親に変わって、洸太の面倒を見ると言い出すのであった。しかし美人のお姉さんとの暮らしは普通に済むはずはなかった・・・。

感想:ネタバレ注意!
ちょいエロ恋愛漫画というヤツです。まあ設定は、童貞の男子全員が一度は思い描くであろうエッチなお姉さんとの二人暮らしというヤツになりますが、このお姉さんがちょっと変わっている感じで、タヌキが化けているとか宇宙人だったとか、普通の人じゃない設定になっていると思われます。宇宙人の方が展開しやすいと思いますが、『うる星やつら』とかぶってしまいますね。時空を越えた人という展開もありかもしれません。ともあれ、重要なのはエロいかどうかであり、その点は少年誌としては合格だと思います。

絵柄:★★★★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★★

AKABOSHI -異聞水滸伝-

2009年05月18日

akaboshi.jpeg

作者:天野洋一
掲載誌:週刊少年ジャンプ No.25号

あらすじ:
宋の時代の中国。政治は腐敗し、人民は困窮に喘いでいた。そんなおり『替天行道』と呼ばれ、人民のために行動をするという義賊の噂が広まっていた。そんな中、ある男が賊たちに攫われての移動中、『替天行道』を名乗るモノが現れ、その男を助けるのだが逆に迷惑がられてしまう。その『替天行道』を名乗るモノは、実は翠蓮という関係ないただの女なのであったのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
歴史ファンタジー漫画というヤツです。『封神演義』に近い感じの世界の中で、『デスノート』のLかと思われるキャラが主人公のマンガです。基本的に古代中国という設定が必要だったのでしょうか。今の所、この設定が読みにくさを増長していて邪魔をしているだけという気がしなくもありません。ただのファンタジーにしてもよかったのではないでしょうか。これから中国であることの良さが出てくるのかもしれませんが。

絵柄:★★★
設定:★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

めだかボックス

2009年05月11日

medaka.jpeg

作者:暁月あきら
原作:西尾維新
掲載誌:週刊少年ジャンプ No.24号

あらすじ:
秀才で運動神経も抜群な黒神めだかは、1年生ながら得票率98%という驚異的な指示で生徒会長に就任した。幼なじみの人吉は、小さい頃からめだかに振り回され続けており、今回も生徒会の仕事を手伝わされる羽目になる。選挙公約としておいた目安箱に、剣道場にたむろしている不良どもをなんとかして欲しいという依頼があり、早速問題解決を図るめだかであった。

感想:ネタバレ注意!
学園コメディ漫画というヤツです。カリスマ的な生徒会長が学園の問題を解決していくという、まあよくある設定ですが、主人公のキャラが抜群に良いので面白く読めます。秀才すぎて凡人の考えてることが天然で理解できないというのがポイントで、更に基本的には他人を蔑視していないというあたりが今までにあまりなく、感動的なお話に持っていくこともできるよいキャラだと思います。本当に性根が悪い敵キャラなどが出てくると更に盛り上がるのではないかと思いますがどうでしょう。

絵柄:★★★★
設定:★★
キャラ:★★★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★★

フープメン

2009年03月02日

fupu.jpeg

作者:川口幸範
掲載誌:週刊少年ジャンプ No.14号

あらすじ:
高校に入学したの雄歩は、学園一のマドンナ小金井さんから呼び出され有頂天になる。しかし、それはバスケ部に入部して欲しいというお願いであった。バスケの経験などない雄歩が、なぜバスケ部に勧誘されるかわからないまま、とりあえず練習中のバスケ部を見にいくことになるのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
バスケ漫画というヤツです。主人公がバスケが上手いわけでも好きなわけでもなく、英語ができるだけというのがなかなか良いと思います。これならバスケそのものではなく、人と人とのコミュニケーションに焦点が当たるので、新しいスポーツ漫画になる可能性があると思います。がしかし、それならばジョシュのキャラはもっと嫌な奴の方が、話的にも面白くなるし、主人公も引き立ったのではないでしょうか。最初からバスケに焦点を合わせるつもりなのでしょうか。それなら、ジャンプにはもうバスケ漫画ありますしね。まあ面白いかは別の話ですが。

絵柄:★★
設定:★★★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★

べるぜバブ

2009年02月23日

beruze.jpeg

作者:田村隆平
掲載誌:週刊少年ジャンプ No.13号

あらすじ:
悪魔と恐れられている高校生の男鹿は、今日も数人の他校生を打ち負かし平伏させていた。そこで、なぜか川から流れてきた赤ん坊を拾って、友人の家に来たのだった。男鹿の話にボー然とする友人であったが、その2人の目の前に今度は悪魔と名乗る女が現れる。女の話だと、その赤ん坊は将来の魔王だと言うのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
異世界コメディ漫画というヤツです。不良版『子連れ狼』という感じの設定ですが、不良という部分はあまり重くせず、それよりも悪魔の方のお話寄りにした方が、魅力的な主人公のキャラもより活かされるのではないかと思います。その辺りのさじ加減が作品の善し悪しを決めるのではないでしょうか。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

ぼっけさん

2008年12月15日

boke.jpeg

作者:西義之
掲載誌:週刊少年ジャンプ No.3号

あらすじ:
高校生の火ノ宮満は、超能力のような変わった力を持っていた。小さい頃、幼なじみの女の子を救うためにその力を使用したが、それが元でいじめにあった苦い過去があり、そのために誰とも全くしゃべらずに極力目立たないように生きている。そんな中、町では人間業とは思えない殺人事件が発生し、どうやら古くから言い伝えのある「菩怪」と呼ばれるモノたちが関わっているのが判明してくる。その魔の手が火ノ宮にも近づく・・・。

感想:ネタバレ注意!
妖怪マンガというヤツです。これも目立たないように生きる主人公です。最近の流行なのか、なんだか暗い感じのキャラが多いような気がしますが、青少年たちは大丈夫なのでしょうか。基本的には、隠された能力が発揮されてヒーローになるという王道展開ですが、主人公がセリフを全くしゃべらないという所がキモでしょうか。いつまでしゃべらずにいさせられるかも興味が湧くところです。

絵柄:★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★

黒子のバスケ

2008年12月08日

kuroko.jpeg

作者:藤巻忠俊
掲載誌:週刊少年ジャンプ 2号

あらすじ:
高校のバスケ部に入部したアメリカ帰りの火神は、日本のバスケのレベルに辟易していた。同じくバスケ部に入部した黒子は存在感が薄く、いるのかいないのかわからない存在であった。しかしバスケの強豪・帝光中の「キセキの世代」の幻の6人目であったことが判明するのだが、とてもバスケが上手とは思えない。そんな中、2年生対新入生のミニゲームが始まる。

感想:ネタバレ注意!
バスケマンガというヤツです。目立たないキャラが主人公というパターンは今までもいくつかあったが、あまりうまくいった試しがありません。主人公なのに目立っちゃダメという大きな矛盾を抱えることになるので当たり前なのですが。これも1話目ですでに目立っちゃてますしね。そもそもパスが回ってくるということが、すでにおかしいということになってしまいます。その辺りのリアルさが上手く出せれば良いのではないでしょうか。まあ、目立たないギャグはこれからも使えると思います。

絵柄:★★★
設定:★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★

マイスター

2008年12月01日

may.jpeg

作者:加地君也
掲載誌:週刊少年ジャンプ 1号

あらすじ:
総海高校サッカー部に所属している頼歩は、今日も町中をサッカーボールを蹴りながら登校している。総海高校サッカー部は、昨年の千葉大会で初出場で全員1年生ながらベスト4まで進み、小さな話題になった。そんなサッカー部に憧れて入学してきた拓であったが、サッカー部には、金髪リーゼントやブツブツ独り言を言っている暗いヤツなど個性派ばかりでとても強いチームには見えなかった。

感想:ネタバレ注意!
サッカーマンガというヤツです。『キャプテン翼』以降、ジャンプではサッカー漫画の主人公は爽やかでなくてはいけないというルールでもできたのでしょうか。とりあえず、その爽やかすぎる主人公のことを、誰一人煙たがらず全員が認めているというのがなんだか逆に新鮮でした。個性的なキャラを試合の中でうまく活かすことが勝負だと思います。それにしても、最近のサッカーは漫画であっても、戦術とかを取り入れないとダメなのですね。名前つけたシュート打ってりゃいい時代はとうの昔ということか。

絵柄:★★★
設定:★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。