スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

透明人間の作り方

2010年02月04日

invisible.jpeg

作者:増田英二
掲載誌:週刊少年チャンピオン No.10号

あらすじ:
高校生の斉藤真二は、朝礼の最中に屋上から校長のカツラを釣り竿でとって、職員室に呼び出された。毎度のいたづらに周りは笑って喜ぶのだが、当人の真二だけはいつも空しさを感じていた。何をやっても満たされない現状の中、友人の一言にキレてボコボコにしてしまう。そんな時、真二の携帯に「透明人間になれる方法」という怪しいメールが送られてくるのだった。

感想:ネタバレ注意!
青春サスペンス漫画というヤツです。主人公が透明人間になるようですが、いわゆる透明になるのではなくて、「石ころぼうし」的にインビジブルになるっぽいです。それが時間をかけて次第に消えていくという設定で、『フォーガットン』風にサスペンスを盛り上げていけると思います。確かに面白そうなんですが、長期連載には向かなそうですがどうでしょう。透明人間になったあとも、お話が続いていくのでしょうか。

絵柄:★★★
設定:★★★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★
スポンサーサイト

シュガーレス

2010年01月21日

sugar.jpeg

作者:細川雅巳
掲載誌:週刊少年チャンピオン No.08号

あらすじ:
椎葉岳は、不良どもの集まる高校に入学し、「シャチ」と呼ばれる学校トップの男を倒すのが目標であった。上下関係の厳しい高校であったが、そんなことはおかまいなしに2年生たちを倒していく岳であった。ある日、岳と2年生がケンカを始めようとした時、突然窓から一人の男が入ってきて、一瞬で二人を倒してしまう。それが許せない岳は、やり返そうとその男を探し始めるのだった。

感想:ネタバレ注意!
不良漫画というヤツです。不良高校のてっぺんを目指すという、実にチャンピオンらしいというか、まんま『クローズ』な設定です。設定自体は古いのですが、キャラがなかなか良いと思います。アフロ男のキャラは抜群であり、どっちかというとこちらを主人公にした方が良いのではないかと思うほどです。たぶん、二人が主人公みたいな感じに持っていくと思われますが。

絵柄:★★★
設定:★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★

ハンザスカイ

2010年01月14日

hanza.jpeg

作者:佐渡川準
掲載誌:週刊少年チャンピオン No.7号

あらすじ:
ケンカの強いことで有名だった半座龍之介は、高校入学を機に真面目な学生として生まれ変わることをもくろんでいた。伊達メガネをかけおとなしくしていたのだが、名前を聞きつけ学校の不良どもが次から次にケンカを挑んでくる。そうしているうちに、噂は広まり、半座の恋に生きるという夢も潰えたように見えたのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
恋愛空手(?)漫画というヤツです。主人公が初めてコテンパンに負けた女に恋してしまうお話です。今後、女の子を追っかけて空手部に入部するのでしょう。そこで空手漫画に突入していくのか、それとも不良漫画を残しつつにするのかが大きなポイントになってくるのではないでしょうか。真面目に過ごしたい不良という設定は面白かったので、1話で終わらせずにもっと引っ張っても良かったと思います。

絵柄:★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

ケルベロス

2010年01月07日

keru.jpeg

作者:フクイタクミ
掲載誌:週刊少年チャンピオン No.6号

あらすじ:
十三塚景は、真っすぐな性格からいつもケンカばかりしていたが、ケンカは弱くいつも負けてばかりだった。そんな景の幼なじみである友恵の方がケンカが強いくらいであった。ある日、怖い噂話の耐えない学校の旧校舎に用事を言いつけられて、景と友恵と友人は旧校舎へ行く。そこで変な音を聞いた景は、一人で音のする方へと行ってしまう。友恵も一緒になって行くと、そこには封印された大きな扉があった。

感想:ネタバレ注意!
ファンタジーバトル漫画というヤツです。魔物の住む禁断の扉を開けてしまった少年が、墓守の力を与えられて逃げ出した魔物たちと戦うというストーリーになっています。まあ、よくある展開です。少年がケンカがめっぽう弱いというあたりで、オリジナル要素を出せるかが勝負になるのではないでしょうか。墓守がどんな能力を持っているかも重要でしょう。

絵柄:★★
設定:★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★

ネコチワワ

2009年11月12日

nekoti.jpeg

作者:荒生直也
掲載誌:週刊少年チャンピオン No.50号

あらすじ:
広輔は、前の不良高校でいじめられていたのだが、転校することになり、心機一転、夢の学園ライフを思い描いて登校した。しかし、通学途中で早くも、その学校一番の不良にからまれてしまう。しかし実際には弱い不良だったことがわかり、無事に転校初日を迎えられようとした時、遅刻してさっきの不良が教室に入っているのだった。

感想:ネタバレ注意!
学園ギャグ漫画というヤツです。何でもない男の子が変な勘違いで、悪の不良に思われてしまうという設定のギャグ漫画です。威張れる状況を本人が全然望んでいないというところが、従来の勘違い不良ギャグとは違うポイントです。いろいろなシチュエーションが考えられてなかなかいい設定だと思います。

絵柄:★★
設定:★★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

群青シザース

2009年11月06日

sczer.jpeg

作者:大曽根賢
掲載誌:月刊少年チャンピオン 12月号

あらすじ:
中学生の新田元気は、前の学校でいじめにあい、新しい学校へと転校してきた。いじめられた記憶が消えない元気は、周りのみんなの言動や行動に対して、いちいち反応しビクビクしていた。いじめられるよりも一人でいる方が楽だと、周りとも距離をとって接していたが、ある日、サッカー部の同級生たちと話す機会が訪れたのだった。

感想:ネタバレ注意!
青春漫画というヤツです。いじめられていた主人公の暗い心情を吐露しながら進む、暗い青春漫画です。今後はこの主人公が友達を持つまでを描いていくのでしょうか。それとも、またいじめられていく過程を描いていくという展開もありかもしれません。後者だと重すぎますけど。とりあえず、キャラの描き分けをすることが最初にやるべきことだと思います。現状だと誰が誰だかわからないので。

絵柄:
設定:★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★

出陣!! 武将頭高校排球軍

2009年11月05日

haikyu.jpeg

作者:栗元健太郎
掲載誌:週刊少年チャンピオン No.49号

あらすじ:
中学時代、バレーボールで活躍した蒼空天馬であったが、天才と言われる兄と比べられるのを嫌がり、バレーでは無名の高校に進学した。しかし、そこにそこに待っていたのは、常識では計り知れない監督が率いるバレーボール部があった。早速入部テストが開始されるのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
バレーボール漫画というヤツです。スポーツ漫画ですが、「逆境ナイン」風味のスポ根漫画になっています。監督が武将である(江田島平八の影響大)という出オチ気味ではあるのですが、その後もそれなりの武将理論を展開していて楽しめます。バレーも本気で取り組んでいくのだろうと思いますが、やはり重要なのは、ライバルチームのキャラなのではないでしょうか。

絵柄:★★
設定:★★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★

デメキン

2009年10月27日

deme.jpeg

作者:ゆうはじめ
原作:佐田正樹
掲載誌:ヤングチャンピオン No.22号

あらすじ:
目が大きいことから「デメキン」とあだ名を付けられた佐田少年は、いつもいじめられてばかりいた。そんな自分を変えるために柔道を習ったりしていたのだが、ある日、いつものようにいじめてきた子供たちを返り討ちにした日から、不良の道へ突き進むことになった。同じ学校の厚成とも友達になり、二人でボンタンを買いに街へ行くのだった。

感想:ネタバレ注意!
不良漫画というヤツです。『ドロップ』に続けとばかりの元不良芸人のお話の漫画化です。こっちの人は本格的だったようなので、より漫画には向いているのではないでしょうか。漫画にもできないようなエピソードも多そうですが、そこはカッコつけずに全部描いていって欲しい所です。友人のキャラは、これから大活躍しそうですね。こうなったら、元不良芸能人の最高峰・宇梶剛士で漫画化をお願いします。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★★

ガリガリ!!

2009年10月22日

garigari.jpeg

作者:元木まこと
掲載誌:週刊少年チャンピオン No.47号

あらすじ:
高校生になった吉岡は、いろいろある部の中で何に入ろうかと悩んでいた。そこに「子分募集」の文字を掲げた妙な男を見つけた。その男、長井六郎と目が合ってしまった吉岡は、無理矢理子分にされてしまう。一方、中学時代に不良たちの間で有名だった男も同じ高校に入学しており、ひょんなことから六郎と対面する。

感想:ネタバレ注意!
不良漫画というヤツです。主人公が昔懐かしのキャラという感じですが、明るくていいと思います。今後不良たちとのケンカになっていくと思うのですが、ケンカが強いか実は弱いかという設定如何で人気も変わってくるのではないでしょうか。実は弱いという方が、展開的にはいろいろと広がると思いますがどうでしょう。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★★

妖変ニーベルングの指環

2009年10月15日

nibe.jpeg

作者:東直輝
原作:佐木飛朗斗
掲載誌:週刊少年チャンピオン No.46号

あらすじ:
神が天上から降りてきて、地上は巨人、地下はニーベルング人が支配する、人間の居場所がなくなってしまった未来。ひとりのジグルトという若者は、恐怖という感覚を知らないでいた。その恐怖を感じるために、一つ目の巨人に挑むのであった。圧倒的な力に翻弄されるジグルトであったが、背中に背負った魔剣を取り出し、再び戦いを挑むのだった。

感想:ネタバレ注意!
ファンタジーバトル漫画というヤツです。人間以外のいろいろな生物がいる世界という設定です。『ロード・オブ・ザ・リング』の影響下の基本的なファンタジーの世界で新鮮さはあまり感じませんが、巨人という設定(別冊マガジンでもあるが)は、なかなかいいと思います。巨人ブームが来るでしょうか。

絵柄:★★★
設定:★★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★

マーダー・パス

2009年10月13日

murder.jpeg

作者:小村智之
掲載誌:ヤングチャンピオン No.21号

あらすじ:
姉が自殺してしまった大崎は、その自殺の原因を作った男に対して、仇討ちを申請する。申請が認められ政府の人間である導からマーダーパスを受け取った大崎は、銃を手に入れてターゲットを殺そうと準備を始める。狙われていることを知っているはずのターゲットが、全く動揺を見せないことにイライラする大崎であった。

感想:ネタバレ注意!
パラレル社会漫画というヤツです。江戸時代のように仇討ちが合法化されている社会という設定です。が、その仇討ちのルールが結構縛りが多く、現実的といえばそうなのかもしれませんが、漫画的には自由度が少なくなって、これから作者自身の首を絞めかねないと思いますがどうでしょう。毎回いろいろな仇討ちを見せてくれるのでしょう。

絵柄:★★★
設定:★★★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★

色即ぜねれいしょん

2009年09月08日

shikisoku.jpeg

作者:喜国雅彦
原作:みうらじゅん
掲載誌:ヤングチャンピオン No.19号

あらすじ:
乾純は仏教系の男子高に通っていた。友達に遊びに誘われるが、彼女と会うのでという理由で断る。しかし、純には彼女などいないのだった。妄想の中で彼女といい雰囲気になる純であった。

感想:ネタバレ注意!
青春漫画というヤツです。映画化に合わせての漫画化です。みうらじゅんと喜国雅彦というのは、ベストマッチではないでしょうか。青春時代のバカで恥ずかしい雰囲気が充分に感じられる作品になっています。ただ、「当時感」というのが薄い気がしますので、いっそのこと舞台を現代にしてもよかったのではないかと思いますがどうでしょう。

絵柄:★★
設定:★★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★★★
人気予想:★★★

ファランクス

2009年07月10日

faran.jpeg

作者:吉田創
掲載誌:週刊少年チャンピオン No.32号

あらすじ:
20世紀初頭、豪華客船「雷光丸」は航海中であったが、乗客が次々と行方不明になるという奇怪な出来事が起こっていた。その裏には、人の記憶を奪い取るという特殊な能力を持った人間が暗躍していたのだが、ついにその本当の力を見せ始めた。

感想:ネタバレ注意!
SFバトル漫画というヤツです。人の記憶を奪いその情報を具現化するという特殊な能力をどう使うのかが、この1話ではわかりませんでした。情報の具現化とタコの足が繋がらないので。記憶を奪うというのは良い設定なので、そのあたりをバトルに上手くいかせたら、人気も出て、本格連載になるのではないでしょうか。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

キミイロフォーカス

2009年07月06日

kimiiro.jpeg

作者:千明太郎
掲載誌:月刊少年チャンピオン 8月号

あらすじ:
報道カメラマンを目指す大路と、お寺の娘の菫は幼なじみであった。所属している写真部の美人部長に好意を抱いている大路は、部長の言われるがままに菫をモデルに写真を撮ることになってしまう。女の子を撮ることに慣れていない大路であったが、撮っているうちに積極的に指示を出すようになってくる。

感想:ネタバレ注意!
学園恋愛(?)漫画というヤツです。写真を題材にしているのはあまりない設定ですが、今後どのように展開していくのでしょうか。新鮮さはありますが、展開を作っていくのが難しそうです。撮られる方の何人もの女の子の魅力を出していくことでエロ方面にいくみたいな感じかもしれません。うまいパターンができあがれば人気も出るかもしれません。

絵柄:★★★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

こんどる♪

2009年06月09日

kondoru.jpeg

作者:風上旬
掲載誌:ヤングチャンピオン No.13号

あらすじ:
伊藤ななはアイドルを目指しているのだが、元タレント事務所社長が店長のコンビニでアルバイトをすることになる。アイドルのいるコンビニを目指す店長の要求は、普通のコンビニとは違っているのであった。

感想:ネタバレ注意!
ショートギャグ漫画というヤツです。タイトルはコンビ二+アイドルの略です。コンビニという設定があまり活かされていないような気がします。というか、なぜこのような設定にしたのかわかりません。作者のこうであったらいいのにという願望を描いているだけのようにも見えます。まあ、コンビニ店員は可愛い方がそれはいいですが。

絵柄:★★★
設定:
キャラ:★★★
続き読みたい度:
人気予想:★★

ランチキ

2009年06月06日

ranchiki.jpeg

作者:奥嶋ひろまさ
掲載誌:月刊少年チャンピオン 7月号

あらすじ:
お坊ちゃん学校に通う鹿野と金田は、近所のワル中学の生徒にカツアゲされる日々であった。そんなある日、川べりで休んでいると、川向こうで1対5のケンカが始まる。あっという間にやられてしまうと思われたその男は、あきらめずにケンカして、ついに5人に勝ってしまう。その光景を見た二人は、今までの生活に疑問を感じ始めるのであった。

感想:ネタバレ注意!
不良漫画というヤツです。今の時代では、チャンピオン以外では連載されないであろう混じり気のない純粋な不良漫画です。トオルとヒロシのキャラを変えて・・・というか『あばれ花組』(古い!)です。ケンカが好きというより、人生の充実を求めてケンカをするといったあたりが、ちょっと現代チックではあります。作者的には「桜木花道」がもしバスケに出会わなかったら・・・的なコンセプトを持っているような気がするのですがどうでしょう。

絵柄:★★★
設定:★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★

畳の上のミクロ

2009年05月28日

mikuro.jpeg

作者:吉木まさかず
掲載誌:週刊少年チャンピオン No.26号

あらすじ:
三黒充雄は中学で柔道部に入ったのだが、とても弱く、3年間部活の後の居残り練習と称して、同級生の部員たちに投げ続けられていた。そんな三黒であったが、入部したての頃は1日100回1本取られていたのに、3年生の現在では10本に減っていた。投げられる本数を減らすことが、三黒の努力と成長の証なのであった。

感想:ネタバレ注意!
柔道漫画というヤツです。とても弱くて小さい少年が柔道を始め、どんどん強くなっていく(?)という、柔道漫画の王道展開になりそうです。なので新鮮な部分はあまり感じられないので、今後のドラマで勝負していくしかないでしょう。主人公や脇役の背景が重要となってくるのかもしれません。それにしても時代に逆行しているような新連載ばかりのチャンピオンは最高ですね。

絵柄:★★★
設定:★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★

CROSS and CRIME

2009年05月26日

cross.jpeg

作者:葉月京
掲載誌:ヤングチャンピオン No.12号

あらすじ:
矢崎と付き合ってる女子大生・優香は、ゼロサムというビジュアル系バンドのボーカル・佐伯のファンであった。実は矢崎と佐伯は同じ高校の出身であり、記者の矢崎は佐伯にインタビューをすることにした。その席に優香も同行させてもらうのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
恋愛漫画というヤツです。佐伯というのがどうやら同性愛者で、矢崎を狙っている展開になっています。まあ、ドリカム状態とでもいえばいいのでしょうか。その変な三角関係を面白く描いていけるかが勝負となるでしょう。エロ描写にも気合いが入っているのですが、男同士のシーンとかもあったりするのでしょうか・・・。一部に人気は出るかもしれませんが。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★

バチバチ

2009年05月14日

batibati.jpeg

作者:佐藤タカヒロ
掲載誌:週刊少年チャンピオン No.24号

2009年マイベスト10作品

あらすじ:
地方巡業をしていた虎城部屋の力士たちは、飛び入り参加の一般人を相手に相撲をしていた。全く歯が立たない強い力士に感嘆するお客たちであったが、一人の男が序二段の力士を負かしてしまう。横綱と対戦させろと怒鳴るその男は鯉太郎といった。そして相手として幕内力士が土俵に上がる・・・。

感想:ネタバレ注意!
相撲漫画というヤツです。最近不祥事が続いているおかげ(?)で、スポーツとしてではない部分が一般の人にも脚光を浴びている相撲業界。そういう時期に相撲マンガはナイスな企画だと思います。ダークな部分も含めて、そのあたりをきちんと描いてみせれば、昔よりも共感を得られやすい環境なのではないでしょうか。更にその上で、相撲の素晴らしさを伝えるような作品になって欲しいですけど。とりあえず主人公のキャラも良さそうですし、期待できます。

絵柄:★★★★
設定:★★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★★★
人気予想:★★★★

武闘占術伝 ヒイロとナナシ

2009年05月07日

hiro.jpeg

作者:とうじたつや
原作:永久保貴一
掲載誌:週刊少年チャンピオン No.23号

あらすじ:
奈良時代の日本。タムラ将軍の息子・チハヤは、同じ屋敷で育ったヒイロといつも争っているのだが、一度も勝てたことがなかった。偉大な父親に一歩でも近づきたく、毎日修行に励み、ヒイロと切磋琢磨しているチハヤであった。そんなある日、賊と思われる集団がタムラの屋敷を襲う。タムラ将軍を筆頭に応戦している最中、チハヤは秘密の抜け穴から逃げるようにいわれるのだった。

感想:ネタバレ注意!
時代バトル漫画というヤツです。一家を皆殺しにされた男の子が復讐の旅に出るという、基本的には昔から連綿と受け継がれた設定となっております。殺された友人の名前を語っているというところが今後のポイントになっていくのでしょうか。ナナシという名前(?)といい設定といい、作者はイーストウッド(マカロニ)好きなのでしょうか。時代設定の良さが出てくれば、オリジナリティもあがってくると思いますがどうでしょう。

絵柄:★★★
設定:★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★

エグザムライ 戦国

2009年05月02日

02450[1]

作者:山口陽史
掲載誌:月刊少年チャンピオン 6月号

2009年マイベスト10作品

あらすじ:
無法の都・ヤサカに住むノリは、組織の金に手を出して追われていた。ついに追い詰められたノリであったが、そこに海から一人の男が上がってくる。一気に鬼牙一家を倒してしまったその男を、ノリはアニキと呼んでついていこうと決意する。その男の名はヒロといった。

感想:ネタバレ注意!
時代漫画というヤツです。EXILEのメンバーをキャラにしたアニメの漫画化作品になっております。自分を漫画の主人公にするというのは男の子の夢でもありますが、あんまり堂々とやられるとなんだかこちらが恥ずかしくなってしまうのはどうしてでしょう。漫画自体は絵も迫力があり面白くなりそうですが、だからこそ逆にEXILEのイメージが足を引っ張らないようにならないか心配です。まったく別物と考えればかなり面白い作品になる要素があると思います。それと追加メンバーの7人のことも考えてあげて欲しいと思います。端役でもいいから。

絵柄:★★★★
設定:★★★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★★

春道

2009年03月24日

harumichi.jpeg

作者:鈴木大
掲載誌:ヤングチャンピオン No.8号

あらすじ:
何もないド田舎のコンビニで働いている富士介は、村で最強を自認していた。そんなある日、村のナンバー2がよそ者のある男に倒されたという噂が耳に聞こえてくる。その男は金髪でスカジャンを着た男だというのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
不良漫画というヤツです。『クローズ』外伝モノの新連載です。いったいこれで何本目でしょうか。漫画界の『スター・ウォーズ』といってもいいかもしれません。しかもとうとう坊屋春道が出てきましたよ。でも実は全然違う人間だった・・・なんてことはないでしょう。基本的には一番本店に近い感じの絵柄と演出になっています。田舎特有の雰囲気が出ると良いと思うのですがどうでしょう。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★

足利アナーキー

2009年02月24日

ASHIKAGA.jpeg

作者:吉沢潤一
掲載誌:ヤングチャンピオン No.6号

あらすじ:
足利市に住んでいるハルキは、地元のヤクザからスカウトが来るほどに強いという噂の男であった。今日も夜中に街を歩いていると、不良たちがカラんでくるのであったが、あっという間にすべてを倒してしまう強さなのであった。

感想:ネタバレ注意!
不良漫画というヤツです。不良漫画のトップ・ブランド(←自分でいうところが素晴らしい)チャンピオンにて始まった足利のヤンキーのお話です。お決まりのケンカのシーンを『バキ』風に描いているのが、ありそうでなかったかもしれません。タイトルにもなっているし、足利という土地柄を強力に前面に出す構成にする方が、オリジナリティが出てよいと思います。東京が近くて遠い街という感じが出せるともっと良いのですが、それは難しいかもしれません。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★

極☆漫 極道漫画道

2009年02月06日

gokuman.jpg

作者:横山了一
掲載誌:月刊少年チャンピオン 3月号

あらすじ:
超武闘派一門・鬼ヶ島組組長・鬼ヶ島香は、イカツイ顔でどこから見ても立派なヤクザである。しかし組員の誰一人として知らない秘密があった。実は、少女マンガ家に憧れ漫画を描き続けているのだ。今日も秘密の部屋で密かに投稿漫画を描く組長であった。

感想:ネタバレ注意!
極道ギャグ漫画というヤツです。イカツイ顔だけど少女の心というパターンはよくあるので、そのギャップだけのギャグではキツイかもしれません。組同士の抗争の激化や編集者のキャラ、漫画への熱い思いなどの要素をギャグにしていった方が良いと思いますがどうでしょう。

絵柄:
設定:★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★

ジョギリ屋ジョーがやって来る

2009年02月05日

jagiri.jpeg

作者:フクイタクミ
掲載誌:週刊少年チャンピオン No.10号

あらすじ:
ある街で一人の少女が、不良たちに襲われそうになっている所に一人の男が現れる。その男が指示した瞬間、不良の一人の首が飛ぶ。次々と不良どもを真っ二つにしていくのは、その男と契約したジョギリ屋ジョーという悪魔のような存在であった。その後も次々と悪党どもを粛正して、街は平和を取り戻すのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
必殺仕事人漫画というヤツです。主人公はジョーという悪魔のような存在で、その人と契約した人が起こすドラマが描かれていく作品です。悪人だろうがどんな人でも契約を交わせば、命令に従って殺してくれるというのがクールですが、契約により自分自身も傷つけられるというところがミソになっています。まあ、強大な力は自己犠牲を伴うということをそのままに描いているともいえます。それにしても少年誌とは思えない暗さです。少年よ、トラウマを抱け!

絵柄:★★
設定:★★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★

クローズ外伝 リンダリンダ

2009年01月27日

linda.jpeg

作者:ゆうはじめ
監修:高橋ヒロシ
掲載誌:ヤングチャンピオン No.4号

あらすじ:
1980年代。笠泉中の林田恵、通称リンダマンは強いという噂だけが飛び交い一種の都市伝説と化していた。実際のリンダマンは、祖父の入院先に毎日のようにお見舞いに行っているような日々であった。一方、笠泉中は応華中の生徒から流行のテレビゲームをカツアゲしていた。

感想:ネタバレ注意!
不良漫画というヤツです。『クローズ』の影の主人公リンダマンの物語です。舞台をはっきりと1980年代としているのは、クローズワールド的にはOKなんでしょうか。リンダマンは脇役として光るタイプなので、主人公になったらどうなんでしょう。あんまりしゃべらないし基本暗いし、ちょっとキツいんじゃないでしょうか。それにしてもチャンピオンはまだまだ『クローズ』で儲けるんでしょうね。もう尻の毛まで抜かれた感もありますが・・・。

絵柄:★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

ムラマサ

2008年11月20日

mura.jpeg

作者:哲弘
掲載誌:週刊少年チャンピオン No.51号

あらすじ:
女にモテないどころか、男友達からもなんかイヤと触れてもらえない少年・必勝白。ある日道を歩いていると、空からブラジャーが落ちてくる。しかし、それを持っているだけで下着泥棒と思われて先生に呼び出される始末。そんな中、そのブラジャーの持ち主であるという村咲のぞみに呼び出されるのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
異界学園バトルギャグ漫画というヤツです。女の子が妖刀を手に、これまた妖刀使いを倒していくというお話がギャグを交えて進んでいきます。その妖刀を使うために特殊な条件が必要というところがミソで、女の子はエロスを出さなければいけないのだ。バカバカしいけどよい設定だと思います。シロのキャラも憎めないダメさ加減で好感が持てます。セリフがこなれてくればテンポも良くなり、もっと面白くなる気がします。

絵柄:★★★
設定:★★★★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★

クローズZERO

2008年11月13日

crows.jpeg

作者:内藤ケンイチロウ
脚本:武藤将吾
原作:高橋ヒロシ
掲載誌:週刊少年チャンピオン No.50号

あらすじ:
不良たちの巣窟であるカラスの学校といわれる鈴蘭高校。今年も、桐島ヒロミら海老塚三人衆などの不良たちが続々と入学してくる中、滝谷源治も入学する。鈴蘭のトップになろうとするモノたちにとってのターゲットは実質的にトップにいる、3年生・芹沢多摩雄であった。そんな学校の入学式は、乱闘になってしまうのだったが、そこにヤクザも殴り込みにくる・・・。

感想:ネタバレ注意!
不良マンガというヤツです。漫画の映画化の漫画化という複雑な過程の漫画です。内容は、『クローズ』のエピソードゼロということで『クローズ』の1年前のお話です。『クローズ』のキモはリンダマンに尽きると思っているで、この漫画でもリンダマンの存在感、もしくはそれに匹敵するキャラの登場が必要不可欠ではないでしょうか。それにしても、チャンピオンは『クローズ』でまだまだ商売をするんでしょうね。

絵柄:★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

サイレント・ブラッド

2008年11月06日

blood.jpg

作者:太田正樹
原作:神先史土
掲載誌:月刊少年チャンピオン 12月号

あらすじ:
潮崗村の海沿いに建っている江田園病院に一人の男が赴任してくる。その男、真壁海音は交通事故にあった人間はほっておくが、病気の犬に関してはオペを行うなど常人には理解できない男であった。しかしそれには理由があった・・・。

感想:ネタバレ注意!
バイオホラー漫画というヤツです。1話を見る限りは医者もの漫画のようですが、バイオホラーとうたっているので、今後寄生虫関係でホラー要素を増してくるのでしょう。主人公と一緒に搬入された患者が鍵となるのでしょうか。田舎町ということでゾンビみたいな展開を期待してしまいます。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★

幻仔譚 じゃのめ

2008年11月06日

janome.jpeg

作者:梅田阿比
掲載誌:週刊少年チャンピオン No.49号

あらすじ:
朝灯は父親の再婚相手の住んでいる神緒に引っ越すことになった。その地方には、けものたちと人間が結婚するなどの古い言い伝えが残っている地域だった。神緒に着いた朝灯だが、母親が病死してから度々出るという発作が出て床に臥せってしまう。義母も心配する中、義理の弟になる邑はどこかに行ってしまっていた。朝灯は、あることを確かめに人気のない所に出かけていくのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
妖怪マンガというヤツです。寄生している妖怪やら目玉やら過去の妖怪マンガの影響が大きそうです。設定や妖怪のデザインなどありきたりな部分が多いのですが、指が蛇になるというビジュアルはなかなかカッコ良かったです。家族というテーマに比重を置いた作品になるのでしょうか。まあそうじゃないとただの寄せ集め漫画になってしまいそうですからね。

絵柄:★★
設定:★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。