スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

匠三代

2010年01月08日

takumi.jpg

作者:佐藤智一
原作:倉科遼
掲載誌:ビッグコミックスペリオール No.3号

あらすじ:
家族で経営している小野寺工務店は、妥協しない家作りをモットーとしていた。その三代目の小野寺拓巳は、設計士であり思いついたことを実行に移すのに、営業である父と予算でいつももめていた。そんなある日、一組の夫婦が家の相談に乗って欲しいと訪れる。

感想:ネタバレ注意!
職業漫画というヤツです。家作りを通して人情が描かれていく感じになっていくのでしょう。『ビフォーアフター』の漫画版とでもいいましょうか。家を建てるには一家の思いがこもっていますし、リフォームブームの昨今、いいテーマだと思います。ただし、絵柄も内容も地味なので、ビッグコミックオリジナルあたりで連載した方がよかったのではないかと思うのですがどうでしょう。


絵柄:★★
設定:★★★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★★
スポンサーサイト

フットボールネーション

2009年12月11日

foot.jpg

作者:大武ユキ
掲載誌:ビッグコミックスペリオール No.1号

あらすじ:
草サッカーの世界で、報酬1万円でチームを勝利に導いてくれる「ジョーカー」と呼ばれるプレイヤーがいた。その選手は、周りのレベルにあわせたパス出しや的確な指示を出し、必ずチームを勝たせるのであった。そんな試合を見ていた、3部リーグのチームの監督は、早速、練習試合に報酬10万円でその選手を起用することを決定する。そして試合が始まるのだった。

感想:ネタバレ注意!
サッカー漫画というヤツです。グラウンドがすべて見える中田的資質を持った天才プレイヤーが主人公の漫画です。サッカー漫画の主人公といえば、点取り屋というのは遠い過去のお話になってしまいました。CFを誰がやるかでもめたりしないんだろうなあ。漫画の方は、この選手がチームに加わって、勝ち進んでいくという王道展開になるのでしょうか。フォトジェニックな選手が一流というのもわからなくなないですが、現役時代も含めてマラドーナはどう見ても・・・。

絵柄:★★
設定:★★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★

らーめん才遊記

2009年08月12日

ramen.jpg

作者:河合単
原作:久部緑郎
掲載誌:ビッグコミックスペリオール No.17号

あらすじ:
創作ラーメンを提供する「麺屋せりざわ」は、そのおいしさで大人気店であった。そこに一人の女子高生が来てラーメンを食べて、あまりおいしくないと食べ残して去っていく。実はその女子高生は、そのラーメンを作っている人が経営する会社の面接に向かう所であった。その面接の中で、イマイチだといったラーメンをうまくしてみろと課題を出されてしまう。

感想:ネタバレ注意!
グルメ漫画というヤツです。ラーメンオンリーで勝負してくと思われます。ラーメンだけでそんなにたくさんのネタがあるのか心配してしまいますが、物凄く奥が深いと思うのでネタには困らないのでしょう。ここで紹介されたレシピのラーメンを食わせる店とかも出てきそうです。関係ないですが、最近のラーメンの魚介系ダシを使用した「そば化」には、あまり納得していません。

絵柄:★★★
設定:★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

ダクションマン

2009年07月24日

dakusyon.jpg

作者:猪熊しのぶ
掲載誌:ビッグコミックスペリオール No.16号

あらすじ:
新人アイドルの担当マネージャー見習いとして働いている小木十五は、元々は芸能界を嫌っていた土木作業員の男であった。仕事もテキパキとこなす十五は、とてもかわいいミサという彼女もいて、幸せな毎日であった。しかし、こと芸能界の話題になると突然怒り狂うのであった。そしてついに、ミサへプロポーズをする決心をするのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
職業漫画というヤツです。芸能界の裏事情を見せていく漫画です。とりあえず、主人公の過去に何があったのかが話を引っ張っていくと思いますが、家族を殺されたと言っている以上、こんな感じで芸能界の闇の部分をしっかりと見せてくれるのでしょう。そうであれば人気も出ると思うのですがどうでしょう。それとも殺された真相を探っていくサスペンス展開になる可能性もあるかもしれません。犯人は、○○プロデューサーだった!みたいな。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

スプライト

2009年04月24日

sprit.jpg

作者:石川優吾
掲載誌:ビッグコミックスペリオール No.10号

あらすじ:
高校生の時任好子は、引きこもりの幼なじみに毎日授業のノートを届けていた。そんな行為を無駄だという親友二人との登校途中、好子は黒い雪のようなものが降っているのを見る。しかし、他の人には見えていないようであった。学校が終わると、今度は40歳になっても引きこもっているおじさんに、食料を届けにいく好子であったが、大きな地震とともに異変が起こる。

感想:ネタバレ注意!
世紀末サバイバル漫画(?)というヤツです。日本が得体の知れない黒いものに呑まれてしまうという展開になっています。今後は、『漂流教室』や『ドラゴンヘッド』のようなサバイバル的な展開になっていくのでしょうか。キレまくっている友人のキャラが良いので、活躍すると面白くなるような気がします。この系統によくある、閉じない大風呂敷だけはないようにと願います。

絵柄:★★★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★★★
人気予想:★★★★

人生画力対決

2009年04月10日

garyoku.jpg

作者:西原理恵子
掲載誌:ビッグコミックスペリオール Vol.9号

あらすじ:
編集者が出すお題(例:ブラックジャック)を、作者としりあがり寿が記憶だけで描いていき、対決させていく。

感想:ネタバレ注意!
コラム漫画というヤツです。要は『ぶっすま』の1コーナーなんですが、絵のプロであるところの漫画家でやるというところがミソなのでしょう。漫画家のくせに絵が下手な人ということを見せしめにするわけで、ある意味問題作です。実際、福本伸行やら三田紀房を指名するそのガッツとセンスは、なかなか見応えがありそうです。が、企画倒れにならないかという方が心配になってしまいます。さくらももこあたりはやってくれそうですけどね。

絵柄:(企画に敬意を表して)
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★★★
人気予想:★★

チャイナガール

2009年01月09日

china.jpg

作者:青山景
シナリオ:花形怜
掲載誌:ビッグコミックスペリオール No.3号

あらすじ:
イケメンで仕事もバリバリできて優しい男・上条は会社の部下や合コン相手の女の子に好かれているモテ男。しかし、中途半端な気持ちではなく運命の女性といえる人と付き合いたいと考えている上条は、女性の好意に答えずにいた。そんな中、家の近くの中華料理店で働く中国人の女性・シャンランに恋をしてしまうのであった。

感想:ネタバレ注意!
ラブコメ漫画というヤツです。モテ男だから自分からのアプローチの仕方をしらないというところがポイントでしょうか。中国人女性という設定はけっこうあるので、そんなに新鮮味は感じられません。キャラ的には中華料理店のオヤジさんが活躍するようになれば面白くなると思いました。

絵柄:★★★★
設定:★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

AZUMI ~あずみ~

2008年12月26日

azumi.jpg

作者:小山ゆう
掲載誌:ビッグコミックスペリオール No.2号

あらすじ:
幕末。桜田門外の変で知られる井伊直弼の殺害が今まさに行われようとしていた。その井伊暗殺の重要な使命を受けたのは、まだ若いあずみといわれる女であった。あずみは、斬り合い混乱する人の中を、足を止めることなく井伊の駕籠に近づき、いとも容易く殺害を行うのであった。

感想:ネタバレ注意!
時代漫画というヤツです。『あずみ』の続編です。『あずみ』の登場人物も出てくるので、なんかしらの繋がりはあるのでしょうが、このあずみが初代とどういう関係なのかは謎です。年齢的には本人ということはありえないので、孫とかなんでしょうか。タイムスリップした本人ということはないだろうなあ。とにかく、あずみを幕末で活躍させたいという作者の思いが生んだ作品です。ということは、当然竜馬が絡んでくるサービスは必須ですよね。

絵柄:★★★
設定:★★★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★★★
人気予想:★★★★

ジキルとハイドと裁判員

2008年12月12日

jikiru.jpg

作者:森田崇
脚本:北原雅紀
掲載誌:ビッグコミック スペリオール No.1号

あらすじ:
裁判官の辺見直留は、一つ一つの事案に係わりすぎるため仕事が遅いことが難点であった。そして直留の担当する裁判で、初めての裁判員制度が実施されるのであった。元カノの殺害事件の被告は淡々と事件のあらましを語っていき、裁判は大方有罪の方向になっていくのだが、直留は何か納得の出来ない思いがあるのであった。

感想:ネタバレ注意!
裁判マンガというヤツです。裁判員制度のHOW TOにもなっており、弁護士会推奨って感じの漫画です。でも、裁判で一番重要な難問である「本当の真実」の部分は特殊な能力で判ってしまうというのはいかがなものか。まあこの漫画のキモは、素人である裁判員達を主人公がいかに言葉巧みに誘導していくかというところだから、真実の部分は揺らぎないものでなくてはいけないのでしょう。でも『十二人の怒れる男』よりは『12人の優しい日本人』のほうが正しい裁判員制度なのではないかとも思います。

絵柄:★★★★
設定:★★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。