スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルズキッチン

2010年02月04日

hells.jpg

作者:天道グミ
原作:西村ミツル
掲載誌:月刊少年ライバル 3月号

あらすじ:
守屋悟は、特に何の取り柄もない平凡な中学生であった。ある日、目の前に突然ドグマと名乗る悪魔がやってきて、悟には料理の才能があると告げる。最高のシェフの魂を食すのが、ドグマの欲望であり、おいしい魂になるために料理の腕を磨けと迫る。料理などしたことのない悟であったが、近くにオープンした最高級のレストランで、ドグマの陰謀で料理対決をすることになってしまうのだった。

感想:ネタバレ注意!
グルメ漫画というヤツです。悪魔が少年に料理を教えるという部分が、オリジナルな部分です。しかし、そこ以外はまったく普通のグルメ漫画であり、そもそもそのキャラが悪魔である必要すら今のところ感じません。むしろ、魂を食べる運命にあるなら主人公が本気になる理由がないし、足を引っ張っている気がしないでもありません。悪魔であるという部分をもっと活かさないと(例えば隠し味にゲテモノ系を毎回入れるとか)、厳しいのではないでしょうか。

絵柄:★★
設定:★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★
スポンサーサイト

お結び ちょめっつ!

2009年12月28日

ookami.jpg

作者:保志レンジ
掲載誌:月刊少年ライバル 2月号

あらすじ:
高校生の玉置健太郎は、同じ学校の綾瀬さんに片思いをしていた。そんなある日、家に帰ると見知らぬ女性がお風呂に入っていた。その女性は縁結びに神であるという。そして、片思いの綾瀬さんと結びつくことができるように、いろいろと影から支援するのだが、すべてが裏目に出てしまうのであった。

感想:ネタバレ注意!
恋愛コメディ漫画というヤツです。グチグチした男の元に、エロい女性がやってきて、好きな人にアタックすることを焚き付けるという、桂正和が得意な設定のお話です。それにしては、男子のグチグチ度が足りない気がします。縁結びの神の立ち位置(みんなに公認になるのか、隠したままなのかなどなど)によって、人気も変化すると思いますがどうでしょう。

絵柄:★★
設定:★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:
人気予想:★★

おおかみかくし 滅紫の章

2009年12月28日

ookami.jpg

作者:薮口黒子
掲載誌:月刊少年ライバル 2月号

あらすじ:
博士は2学期からある街の高校に転校したのだが、転校した学校では、なぜか人気者になっていた。隣に住んでいる女子からクラスの男子、先生までが妙に親しくするのであった。戸惑いながらもいい気分でいた博士であったが、一人、櫛名田眠だけが妙に冷めていた。そんなある日、突然仲の良かった女の子の態度が一変してしまう。そこから、この街の隠された異様さを感じるようになっていくのであった。

感想:ネタバレ注意!
ゲーム漫画というヤツです。吸血鬼の街に引っ越してしまった人間のお話という感じでしょか。転校生の不安と期待が混じった心情を上手く表せる設定だとは思いますが、そんな感じにはならずに、サスペンスが重要視されていくものと思われます。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★
続き読みたい度:
人気予想:★★★

あしたのファミリア

2009年12月04日

famiria.jpg

作者:樋口彰彦
掲載誌:月刊少年ライバル 1月号

あらすじ:
日月明日は、死んでしまった両親から受け継いだ古いアパートの管理人となった。早速入居者募集の張り紙を出すのだが、入居者としてやってきたのは吸血鬼の女の子だった。元々はその女のモノだったものを、明日の曾おじいさんに管理してもらっていただけだというのだった。そんなのは聞いていない明日は、かたくなに入居を拒むのだった。そして女の子にはある秘密があった。

感想:ネタバレ注意!
ファンタジーバトル漫画というヤツです。若くして管理人となった男の子の元に少女が転がり込んでくるという、定番といっていいパターンとなっています。近い将来男の子の将来なりたい上位ランキングに「管理人」が出てくるのではないでしょうか。女の子が吸血鬼という部分がオリジナルポイントかもしれませんが、今後増えてくるであろうアパートの住人のキャラが一番大事だと思います。


絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

GOD EATER −救世主の帰還−

2009年11月04日

gode.jpg

作者:烏山英司
掲載誌:月刊少年ライバル 12月号

あらすじ:
未来では、突然あらわれた「アラガミ」と呼ばれる生命体に、人類は喰われつづけ絶滅寸前の状態であった。その人類の中で、生体兵器「神器」を手にした「GOD EATER」と呼ばれる戦士たちが、アラガミと戦っていた。

感想:ネタバレ注意!
ファンタジーバトル漫画というヤツです。今度出るゲームの漫画化です。まあゲームらしい設定(当たり前ですが)であり、新鮮さはあまりありませんが、敵を武器で食べるという設定は面白いと思います。ゲーム設定をみると、やっぱり食べた能力は自分ものにできるカービィ方式なので、発展性のある設定だと思います。まだ発売もされていないゲームの漫画化ということで、ただの広告ということにならないように、がんばって欲しいと思います。

絵柄:★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:
人気予想:★★

生徒会長ちょけTENG

2009年09月04日

teng.jpg

作者:浜田翔大
掲載誌:月刊少年ライバル 10月号

あらすじ:
烏丸七香には10年前に家を出た兄がいるのだが、とうとう帰ってくるという知らせが届く。どんな素敵な男性になっているのかとドキドキして待っていたのだが、現れたのは10年前と変わらない身長の、しかも人生にやる気がなくなっている兄の姿であった。七香も所属している生徒会は、最近不良たちに潰されそうになっていたので、兄の助けを頼りにしていた七香はより落胆するのであった。

感想:ネタバレ注意!
学園コメディ漫画というヤツです。ダラダラの兄が、変身(?)すると超カッッコよくて強気な性格になるという設定です。ギャグが主体のようですが、ギャグが入ることにより笑えないばかりか、テンポを悪くしている気がしますがどうでしょう。

絵柄:★★★
設定:★★
キャラ:★★★★
続き読みたい度:
人気予想:★★

クロス・ウィーバー

2009年08月04日

crosswever.jpg

作者:赤井聖雪
掲載誌:少年ライバル 9月号

あらすじ:
クーレナイに向かっていたライルとメリノは、道に迷ってしまった。自分で調理した食事にあたったメリノを助けてくれたのは、偶然にもクーレナイの人であった。しかしクーレナイは、噂とは違い荒廃した街に変貌していた。領主が金儲けのために作った工場の廃棄物が原因であったが、その工場にはバグといわれる魔物が絡んでいたのであった。

感想:ネタバレ注意!
SFバトル漫画というヤツです。ゲーム的な世界で特殊な能力をもった主人公が冒険するという、実に『ライバル』らしい設定となっております。主人公の職業が仕立て屋で、持っている武器がハサミというのが新鮮ポイントでしょうか。仕立てた服を着ることで能力が変わるとか、もっと仕立て屋を活かした設定にした方が人気が出ると思いますがどうでしょう。

絵柄:★★★
設定:★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★

FLAGS

2009年05月02日

flags.jpg

作者:上田悟司
掲載誌:月刊少年ライバル 6月号

あらすじ:
各国の精鋭の5人・1チームが世界一を競いあう、8年に一度開かれる「凰華武術大会」。クロウの父親も8年前に国の志士として大会へ向かったが、いまだに帰ってきていなかった。クロウはそんな父親を応援するために、毎日かかさず岬にて応援旗を掲げていたのだった。そんなある日、船に乗ったよそ者が入港してくる。その者たちこそ、8年前に父親と一緒に闘った東刀国の代表の志士たちであった。

感想:ネタバレ注意!
バトル漫画というヤツです。『少年ライバル』お得意のいろいろな漫画からつまみ食いして完成ですという設定の漫画です。5人のいろいろな能力を持った戦士が、(たぶん)トーナメント方式で闘っていくという、ガチガチのジャンプ黄金展開になりそうです。基本的にはこういうどストレートは好きですが、あまりにもどこかで見たことのある設定ばかりなので、主人公の武器ぐらい、タイトル通り「旗」で闘うとかにしてもよかったんじゃないでしょうか。いけそうな設定だと思いますが。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

HOOPE!

2009年04月04日

hoope.jpg

作者:沢太家
掲載誌:月刊少年ライバル 5月号

あらすじ:
バスケの名門・栄光大付属高校のバスケ部の入部テストが始まった。中学時代に名を馳せた選手たちが同じチームとして登場するが、1人だけバスケ初心者のように下手クソな選手・那須比呂斗がいた。その比呂斗に足を引っ張られ、全員が不合格となってしまう。それでも一人諦めない比呂斗は、何度も入部願いにマネージャーの元を訪れるのだった。それを見ていた他の4人も、次第に顔つきが変わってくる。

感想:ネタバレ注意!
バスケ漫画というヤツです。他のいろいろな漫画からパクってきたような個性の強いキャラが5人揃って、バスケをやっていくのでしょう。キャラ重視の漫画です・・・というか設定としては新しい所は何もありませんので、キャラに頼った展開にならざるを得ないでしょう。変に新しさを出そうと無理な設定を強引にくっつける漫画が多い中で、どストレートな設定は個人的には好きですが。

絵柄:★★★
設定:
キャラ:★★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

シカバネ13号

2009年03月04日

13.jpg

作者:丸井たまご
掲載誌:月刊少年ライバル 4月号

あらすじ:
人質を取って立てこもっているテロリストを捕らえるため、新米警察官の萩島は応援を要請する。そして応援として現れたのは、死の底からよみがえったゾンビの警官・屍13号こと谷川魔由子であった。ゾンビであるという体質を活かした奇天烈な作戦が始まる。

感想:ネタバレ注意!
ゾンビギャグ漫画というヤツです。ゾンビであるということが大ネタになっていますが、主人公の気持ち悪さをもっと出さないと(特に絵的に)ギャップがうまく出ずにギャグも半減してしまうのではないでしょうか。ゾンビギャグの間に入るシュールネタもいまいちな気がします。

絵柄:★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★

AKATSUKI ー朱憑ー

2008年12月29日

aka.jpg

作者:小出もと貴
掲載誌:月刊少年ライバル 2月号

2009年マイベスト10作品

あらすじ:
斬医士の比々希と霧叉は、仕事のためにある村へとやってくる。斬医士とは、感染した人間をバケモノへと変化させる恐ろしき奇病「朱憑」を、斬って直すことのできる者たちのことである。簡単に仕事を済ませた二人であったが、ふらりと立ち寄った店で、伝説の斬医士と呼ばれるほどの男と遭遇する。その男はこれから強い朱憑を直しにいく所であったのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
妖怪バトル漫画というヤツです。主人公は『ナルト』かと思ってしまうほどに、まあいろいろな漫画の要素を取り込んでいます。しかし設定はよく練られていて、いわゆる妖怪的な存在は感染する病気であり、だからそれを倒す人は医者という設定。誰にでも感染する、倒すのは基本的に医者という立場である、などなどよくできており広がりも大いにあると思います。朱憑に関しては、まだ設定がはっきりと定まっていないようです。なんかラストはズルい気がしますしねえ。それにしても、最近は刀バトルがブームのようですね。

絵柄:★★★
設定:★★★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★★
人気予想:★★★

Spray King

2008年12月29日

aka.jpg

作者:三國シン
掲載誌:月刊少年ライバル 2月号

あらすじ:
専門学校に通う黒田ミウは、スクープ写真を撮るために事件現場におもむき、そのスクープ写真が雑誌に掲載されることを無上の歓びにしていた。その街では、事件あるところにには必ずスプレーキングといわれる何者かが跋扈していて、いつも見事なスプレーアートが残されているのであった。そんな中、ミウが写真を始めるきっかけを作ってくれた恩師である有名写真家に仕事の手伝いを依頼されるのだが・・・。

感想:ネタバレ注意!
ヒーロー漫画というヤツです。内容や設定は『バットマン』などのアメコミ的な雰囲気が感じられます。早くも宿敵とか出してますし。スプレー缶で吸ったり噴射することで敵と戦うというところがオリジナリティになっています。基本的には悪い気を吸うだけなので人も死なず、少年誌向けのよい設定だと思います。ですが、スプレーアート(要は落書き)に関しては、今後神経を使うことになるんだろうなあ。そもそも、写真とかスプレーアートの部分は、これから設定としてうまく処理できるのでしょうか。

絵柄:★★
設定:★★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

つむじVS.

2008年12月04日

tumuji.jpg

作者:友安よーいち
掲載誌:月刊少年ライバル 1月号

あらすじ:
生まれた時から、武道家の父親に厳しい修行の数々を受けながら育ったつむじは、日本へとやってきた。日本には父親同士だけで決めた許嫁である一輝がおり、その家に一緒に住むことになる。今まで普通の生活をしてこなかったつむじは、高校の学園生活に憧れていたのだが、晴れて一輝と同じ高校に通うことになった。しかし、その高校は普通の高校とは少し違っていたのだった。

感想:ネタバレ注意!
格闘ギャグマンガというヤツです。ちょっと前の『火山高』の漫画版といったところでしょうか。和月伸宏の影響がかなり大きい絵ですが、丁寧に描かれて上手です。格闘シーンもなかなかの迫力です。今後は、学園内の強敵を次々と倒し、今度は学校同士のバトルという王道の展開になっていくのでしょうか。ギャグはもうちょっと冴えていて欲しいと思います。

絵柄:★★★★
設定:★★★
キャラ:★★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★

BUSTER KEEL!

2008年10月04日

buster.jpg

作者:坂本憲司郎
掲載誌:月刊少年ライバル 11月号

あらすじ:
世界的ヒーローである「魔獣使い」のシバに恨みを抱く、超ブチきれ冒険者・キール。シバの教え子だった「魔獣使い」のラビィと出会ったのだが、ちょうどそこへ街に繰り出してきた魔獣が現れる!魔獣は倒したのだが、森に中にボスがいることがわかり、一緒にボスを倒しに森の中へ行く・・・。そして、キールがシバを怨んでいる理由とは・・・?

感想:ネタバレ注意!
冒険ファンタジー漫画というヤツです。『ワンピース』というか、そのパク・・・影響が大きい『RAVE!』の影響がかなり大きいですね。そのあたりのマンガを寄せ集めたらできましたという感じです。最近のマンガに多いのですが、最初からアニメ化とかゲーム化を狙っているのが見え見えな作品な気がします。キールが元・魔獣という設定と、ギターで魔獣を操る(!)という新しいというか、どうなんだという設定をうまく消化していければ、2番煎じじゃない面白い作品になるかもしれません。

絵柄:★★★
設定:★★★
キャラ:★★
続き読みたい度:★★
人気予想:★★★



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。